この時期こそクリニックに駆け込むべき季節!

i01

本当のおこもりでは美しさから離れていくばかりですよ

クリニックでの施術はエステと比較して「素早く」、「確実」な効果を得られるのが良いところ。マッサージのような気持ちよさは得られなくとも、目的とする結果をすぐに手に入れられるというのが魅力なのです。

ところが気をつけなければならないのが「ダウンタイム」。施術により痛みや腫れ、内出血やかさぶた等が生じる期間をダウンタイムといいます。これを事前に把握しないで施術を受けると、会社に行かなくちゃならないにもかかわらず顔中がカサブタだらけだとか、お尻や太ももが痛くて到底イスに座っていられない、なんて事態がおこります。

でもガイドの経験上、即効性が高く、効果も確かなものに限ってダウンタイムがはっきりと出る施術が多いんです。それがイヤで美容医療に二の足を踏む女性も多いようですが、何事も得るためには耐えなきゃいけないコトもある! ありがたいお経を取りに中国からインドまで徒歩で往復した三蔵法師が如く、やると決めたら気合いを入れてのぞみましょう!

 

i02

ここは一念発起、ダウンタイムと戦う美容女子に!

それでも「やっぱりダウンタイムは……」なんて躊躇している貴女。実は年末年始は休暇が続く美容医療のチャンスタイム! なるべく人には見られたくないダウンタイムを、連休で“おこもり”でやり過ごすことができるんです。

そこで今回は多少のダウンタイムはあるものの、確実に効果が出る美容医療メニュー6種をご紹介します。当然、年末年始休暇の日数を考えてダウンタイムの期間は1~2週間まで。
さあ、この機会にダウンタイムに挑戦する「戦う美容医療の世界」に踏み出しましょう!!

 

まずは体の脂肪対策を!