誰もが憧れる縦にうっすら線の入ったお腹

誰もが憧れる縦にうっすら線の入ったお腹

座った時に盛り上がったお腹を見て、自分で自分のお腹にうんざり……「よし! 今日から腹筋頑張ろう!」と思って始めてみたものの、首が痛くなって続けられなかったり、あまりの腹筋のなさにすぐに諦めてしまったりしていませんか?

誰もが「腹筋」といわれて想像するエクササイズは、仰向けに寝て足を立て、両手を頭の後ろに添えて、起き上がる「腹筋」です。この腹筋エクササイズ、腹筋を上手く使えない状態で、一生懸命上に上がろうとするがために、腕の力が首に加わってしまい、首が痛くなってしまうことがよくあります。

今回ご紹介するお腹すっきりエクササイズは、ゴムボールを使って行うため、そんな心配もなく、ダイレクトにお腹を使ってエクササイズができてしまいます。

<目次>  

ただ必死に腹筋をすればスッキリお腹になるわけではないのです

腹筋エクササイズは、回数をこなすことが最も効率的な方法ではありません。効率的にスッキリお腹を手に入れるためには、まず、ダイレクトにお腹を使える状態でエクササイズができることです。

無駄なくお腹を使えるようにするためのポイントの一つとして骨盤の位置が挙げられます。骨盤は日常生活のクセから、前後左右に傾きやすく、その傾きによって、上手くお腹が使えない状態になってしまいやすくなるのです。

お腹エクササイズ時にお腹の筋肉を使いやすい状態にするために、まず骨盤の位置をできるだけ正しい状態にしてから行うことです。そのために、まずはこわばり筋をほぐすストレッチを行いましょう。今回ご紹介するこわばり筋エクササイズは、骨盤の前後の傾きにターゲットを絞ったストレッチです。

私達人間の正しい背骨のラインは、滑らかなS字カーブを描いています。腰部分のS字カーブが強すぎる人(そり腰)は、そのままの状態でお腹を鍛えるエクササイズを行っても、効率的にエクササイズを行えません。また、そり腰の逆のS字カーブを全く描いていない姿勢(フラットバック)の人も、そのまま姿勢でお腹を鍛えるエクササイズを行っても効率的にエクササイズを行えないのです。
 

スッキリお腹を効果的に手に入れる簡単2ステップエクササイズ

今回ご紹介するこわばり筋エクササイズは、意識する場所を変えれば、そり腰の人にもフラットバックの人にも効果的なストレッチになります。

それぞれ意識するポイントは、エクササイズを紹介する時に説明しているので、その指示に従って行ってみて下さい。こわばり筋エクササイズを行った上で、ゴムボールを使ったビューティー筋エクササイズを行えば、首も痛くならず、お腹全体にダイレクトにアプローチして鍛えられるので、お腹引き締め効果もアップし、誰もが憧れる、縦にうっすら線の入ったスッキリお腹に一歩近づけるはずです。
 
こわばり筋エクササイズ1

こわばり筋エクササイズ1

ステップ1 こわばり筋エクササイズ 15秒間静止 <そり腰の人>
今回ご紹介するこわばり筋エクササイズを行う際に、おへそを床に押し付けるよう意識した状態でお腹全体をストレッチしてみて下さい。

<フラットバックの人>
今回ご紹介するこわばり筋エクササイズを行う際に、できるだけ胸を広げるようにしてお腹全体をストレッチしてみてください。
 
ビューティー筋エクササイズ1

ビューティー筋エクササイズ1

■ステップ2 ビューティ筋エクササイズ 10回×2~3セット
1. ゴムボールを腰にしっかり入れます。胸を広げるようにしっかり両腕を広げ、両手を頭の後ろに添えた状態で、お腹で姿勢を保っている状態を感じられる所まで上半身を後ろに倒していきます。
 
ビューティ筋エクササイズ2

ビューティ筋エクササイズ2

2. 手順1の姿勢から上に10cm程度上体を上に起こします。
1→2の小さな動きを繰り返します。

ゴムボールは1000円前後で購入することができます。いろんなエクササイズに使えるので、是非購入して、試してみて下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。