カロリーゼロなのに太る? ダイエットの罠

人工甘味料

人工甘味料っていいの?

ダイエット中でも甘いものが食べたい!!そんな時に気になるのがカロリーオフのドリンクや食べ物。カロリーがなければ本当に太らないの?と疑問に思う方も多いはず。

実は「栄養表示基準制度」に基づいていて「カロリーオフ」という表記は「100mlあたり20kcal未満」であれば表記可能なのです。500mlのペットボトル飲料の場合は100kcal未満となります。実は、これはシュークリーム2/3個と同じカロリー。ダイエット中に飲むのはおすすめできません。

ノンカロリー、ゼロカロリー、カロリーゼロ商品は「100kcalあたり5kcal未満」であれば表記できます。500mlのドリンクの場合は25kcal未満という計算になります。必ずしもゼロではないのです。

また「砂糖不使用」との記載でも果物の甘みである果糖は含まれていることも。成分表を確認してから口にしましょう。


人工甘味料を知っていますか?

カロリーゼロのドリンクなどはカロリーを下げるため砂糖の代わりに人工甘味料を使っていることが多いです。人工的に作り出した甘味料は砂糖の数百倍の甘さを持つものもあります。

具体的には、アスパルテーム・スクラロース・サッカリン・シクラメイト・などで一時期、発がん性が問題にされた時期があり、添加量の制限があります。ダイエットをカロリーだけで考えて、人工甘味料を身体に入れることは悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

他にソルビトール・キシリトール・マルチトール・エリスリトールなどは糖アルコールと分類され、天然にも存在する甘味料で安全と言われています。

エリスリトールは血糖値を全く上昇させませんが、他のものは血糖値を上昇させます。エリスリトールは厚生労働省の特殊栄養食品のための難消化性糖質のエネルギー評価法(平成3年衛新第71号)等により糖質では唯一エネルギー値は0kcal/gであると認められています。

エリスリトール以外の糖アルコールは、多量摂ることで難消化性で吸収されにくいのでお腹がゆるくなる、下痢をしやすくなると言われています。
 

人工甘味料のデメリットは?

カロリーが低い甘味料を多用することでのデメリットは甘い味覚に対して鈍くなりやすく、強い甘い味を好むようになってしまうことです。カロリーが低ければたくさん食べてよいわけではありません。カロリーでお菓子を選ぶのではなく、本当に食べたいものを選ぶようにしましょう。

「なんとなくダイエットによさそうだから」ではなく、食品表示を見て食品添加物が何かを知りましょう。現代社会では食品添加物を全く口にしないのは難しいですが、自分が口に入れて身体を作るものなので、必要か必要でないかは自分で選別する必要がありますね。甘いものとうまく付き合いながらダイエットを成功させましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。