「いつか使うかも」と延ばし延ばしにしていたモノが、とうとう捨てそびれて年越し!数年越しになっている、捨てられないモノはありませんか?「捨てたいのに」と思っているモノは、年末までにけじめをつけてスッキリさせましょう。


アルアル1:壊れていない鍋・調理道具

住まいの収納で不満を訴える人が多いキッチン。出し入れがしにくくて、片付けにくいキッチンのほとんどは、モノがたくさんあることに原因があります。煮たり焼いたり蒸したり揚げたり、お弁当やお菓子や保存食づくりなど、必要な道具を揃えておきたいという意向を否定するつもりはありません。
調理道具の片付け方

ご無沙汰している道具はありませんか?

でも、同じような機能をもった道具がいくつもありませんか?以前は使っていたけれど、すでに出番がなくなったというものはないですか?調理道具は頑丈で壊れにくいものが多いので、いつまでもしまったままになりがち。そういった道具が収納を占領していると、よく使っている道具がしまえなくなります。なんとか詰め込んだとしても、出し入れしにくいと、効率が悪いうえにメンタル面でもマイナスです。次の項目に当てはまるモノはありませんか?

□テフロン加工が劣化したフライパン
□コゲ跡が落ちなくて衛生的ではない鍋
□大きすぎるか小さすぎるかで使い勝手が合わない道具
□便利そうだと思ったけれど使わなくなった便利グッズ
□話題になったので買ってみたけれど飽きてしまった道具
□重たいとか掴みにくいといった不便さを感じる

イライラしながら作る料理は、美味しく仕上がらないとか。ご馳走を作る機会が増える年末年始は、不用な道具を捨ててスカっとしたキッチンで料理に励みましょう。

次は、つい買ってしまう食器の整理です。