捨てたほうがいいと頭では分かっているのに、なかなか実行できないから困りますね。でもそれぞれの行き先が見えると、気持ちよく片付きますよ。


5位:紙くずにしない! 見たくなる写真整理

写真整理

捨てようかどうしようか? たくさんあるなら、思い切って壁のディスプレイに!

子供の成長ぶりや旅行先で撮った写真。今ではデータ保存している人も多いと思いますが、紙焼きにして手元に置いておきたいということもあるでしょう。

でも、写真館で撮影した記念写真から、ママ友からいただいたスナップ写真まで、サイズがいろいろで撮れ具合もバラつきがち。なかには、似たようなカットがいくつかあるかもしれません。

残したい写真を厳選すれば一生の宝物になります。さらに、アルバムは置き場所が肝心。見たい時に、すぐ手に取れるようにしましょう。


4位:子供の作品は飾って気持ちの整理

子供の作品コーナー

月単位で飾るのもいい。壁一面に飾れば世界で唯一のギャラリーに

平面から立体物まで子供の作品は多様です。段ボールに入れたら最後、原型をとどめていなかった! なんてことも。

それならば、専用コーナーをつくって親子で鑑賞してはいかが? 飾って眺めてくれたこと、ほめてもらったことが嬉しくて子供の心にずっと残ります。たとえ、その作品本体がなくなったとしても、その子の才能が失せることはありません。

これは傑作と思える作品だけ、撮影して保管しておくのもいいでしょう。おもちゃや服など、子供にまつわるモノの多くは、子供よりも親の気持ちの整理がポイント。親も成長していきたいですね。


3位:紙モノはタイミングで整理・収納

書類の整理法

棚とボックスがあれば、その場でラク整理

日々増え続ける郵便物、明細書、チラシ、プリント。整理を先送りにすると、どんどん溜まります。さらに困るのは、紙の山を見ると、うんざりすること。それが、紙モノ整理にとって負のスパイラルになるのです。

それをどこで切り替えるかというと、ザっと見て要らないモノはすぐにゴミ箱へ。個人情報は専用スタンプなどでパっと消去します。必要な紙モノだけに減量しておけば、整理も簡単です。

そして溜めない秘訣はザックリ収納で。ちゃんとファイリングしようと思うから、整理が難しくなるのです。取扱説明書も、まとめてあればそれでOK。仕分け整理なら見つけやすくなります。


2位:食器はデイリー収納で稼働率アップ

IKEAの収納ケース

衣類用のケースが食器収納に使える!

食卓はありすぎても収納に困る、なさすぎても食卓が寂しい。どのくらいの種類と数を揃えたらいいのか悩ましいアイテムです。しかも趣味的な要素が加わってくるので、多いとか少ないといった判断の基準がありません。

おまけに食器の場合は、効率よくたくさん収めると、出し入れがしにくくて、食器の稼働率がガクっと落ちます。そして、欠けたり壊れたりといった残念なことに。コンパクトに圧縮できるわけでもないので、物理的にスペースをとるのは仕方がありません。

それでも、棚や引き出しといった収納を上手く使いこなせば、日常の食卓が豊かになります。重ねたり立てたりして、死蔵ゼロを目指しましょう。


1位:服で福を引き寄せる収納を

無印良品のクローゼット収納

明るくて風通しのいい収納に福来たる

男女を問わず、捨てられなくて困るのが洋服。痩せたら着ようかな、次の流行まで待とうかな、高かったしもったいないかな。いわゆる「たられば」な理由で、数年間もスペースを無駄に使うことになります。

ただなんとなく持ち続けないように、捨てるか残すかの基準に照らして判断するのも忘れずに。収納が足りないという部屋では、コンパクトにまとめて収納しながら、徐々に減らす方法も。そのうえで、たたみ方と入れ分けで気持ちよく使える収納に整えましょう。さらに、プラス100円の効果も見逃せません。しまい方をちょっと変えれば、自分流の「幸服」収納が完成します。

捨てたくない気持ちの半分は、後悔したくないからかも。そんな思いに気づけば、ふっきるのは案外簡単ですよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。