捨てられない!増えていく子どものおもちゃやベビー服を上手に処分するには

捨ててもいいんだと、頭では分かっていてもなかなか実行できないママに朗報です。なぜ決断できないのか? 捨てにくい心理が分かれば、捨てられない御三家の洋服・おもちゃ・作品だって、すんなり見切れちゃいますよ。


子供の成長に追いつかない親の心理

宝箱で残す

残すモノを厳選して、宝箱を用意してあげるのもいい

子どもはドンドン成長します。それなのに親の方は日々の家事に追われ、子どもの変化に追いつくのが大変。ベビーバスや産着、初めて履いて歩いた靴など、モノが捨てられないのは、懐かしさがこみあげてくる親の気持ちが深く関わっています。

とはいえ、実際問題としていつまで残しておくのかしら? そう思っている人も多いはず。天袋や屋根裏にしまいこんだら最後、迷宮入りになるのは分かっています。遅かれ早かれ、残すモノと捨てるモノと選別するのが賢明です。

その取捨選択をするときに気をつけたいのは、思い出のあるモノはあとで判断するということです。そこから手をつけてしまうと、何一つ手放せなくなるので要注意。そして、壊れているとか汚れているなど、考え込まなくても客観的に判断しやすいモノから捨てる決断をしていきましょう。

では早速、捨てられない御三家のトップバッターから捨てるコツをご紹介します。

早いほどいい!子供服・ベビー服を捨てるタイミング >>