早いほどいい!子供服・ベビー服を捨てるタイミング

リサイクルとフリマ活用

季節とずれないように早めにリサイクルするのが正解

服や靴、帽子などサイズのあるモノは、当然ながら使える期間が限られています。それだけに、着用機会が少ないままにサイズの合わなくなったモノがあるはずです。

なかには、次の子が生まれたらそのときにと思って、いつまでも残している人がいます。ところが次の子が誕生した途端に、そのことを忘れて新しい服を買いそろえていたりするのです。身につけるモノは今や消耗品。そして次々に魅力的な商品が出てきます。

十分に着た服、履いた靴であれば、モノとしてのお役目は既に果たしています。そして子どもが順調に成長したのですから、モノ自体は処分していいでしょう。そのまま捨てることに抵抗があるなら、服は雑巾として使ってから捨てることにします。雑巾サイズに小さく刻むといった手間をかけなくても、もともと小さな服なのでそのままの大きさでOKです。

もしもお下がりとして活用したいのなら、まずはサイズ別にきちんと仕分けておくのが肝心。そして手放すのが早ければ早いほど、お下がりでも価値があるのです。親戚や友人に差し上げるとしても、キレイなほうが喜ばれるに決まっています。リサイクルショップやフリーマーケットでも同様です。

これまで溜まる一方だった服も、こうして循環させていけば、押し入れやクローゼットに余裕が生まれますよ。さらに、捨て時が難しいおもちゃも選別してみましょう。

おもちゃを捨てる時期は、じっくり観察して見極めて>>