イベント事が増えてくるこの時期。冬場は代謝が落ちて太りやすい時期でもあるので、外食やパーティーで高カロリーなものばかり食べていると、あっという間に体型が崩れてしまうことも!

それだけでなく、代謝が落ちると肌コンディションが悪くなったり、便秘やむくみなどの不調も引き起こしやすくなってしまいます。そこで今回は、体調維持や美容健康のためにも役立つ「酵素」の上手な摂り方についてご紹介します。
0

美味しく食べて体型維持したい!


酵素の機能を改めて確認!

聞き慣れた「酵素」ですが、その機能は消化・吸収・代謝・排泄など、生命活動を促す働きを担っています。つまり、酵素なしでは私たちの身体は正常に機能することが出来ないほど、大切なもの。

酵素は主にタンパク質で成り立っていますが、その種類はさまざまで、現在発見されているだけでも約1万3000種類ともいわれており、主に次のような3つの種類に分類されます。それが、代謝の時に働く“代謝酵素”、消化を助ける“消化酵素”、食物に含まれる“食物酵素”なのです。

2

内側から代謝をあげることが大切!

この中で体内に存在するのが代謝酵素と消化酵素ですが、体内で製造されるのに限りがあります。酵素が不足すると、代謝に使うはずの酵素を消化酵素として使ってしまうため、代謝に使う酵素が不足し、代謝が落ちて太りやすい体質になってしまうのです。

そこで、自分で意識して摂りたいのが、食物に含まれる“食物酵素”です。

また、食物酵素は摂取後、そのまま酵素として体内で使われるのではなく、食べ物を消化の良い状態にしたり、もともと存在している体内酵素を活性化させたり、様々な栄養素に働きかける機能も持ち合わせています。


酵素が減る原因

酵素は通常、生の食物(野菜、果物、刺身)や肉類、納豆や醤油、味噌などの発酵食品に含まれています。しかし、どんなに気を付けて摂っているつもりでも、日頃口にする現代食は高カロリーなものばかりなので、消化酵素が多く使われてしまい、代謝酵素が不足している状態になっているケースが多いのです。

4

喫煙も酵素を減らす原因に

また、加齢に伴い酵素は減少していきますが、それだけでなく、ストレスや喫煙、疲労、胃の負担などが原因で、どんどん減少の一途を辿るもの。食物酵素を摂取することは必須と言えそうです。