気になる光脱毛機器は、当たり外れもあるので要注意

フォト脱毛、フラッシュ脱毛、IPL脱毛などと呼ばれている光脱毛機器。呼び方はさまざまだけれど、原理は一緒、IPLと呼ばれている広い波長領域の光によって毛根を弱らせて半永久的な脱毛効果を狙います。

今出回っている脱毛機器の大半はこの光脱毛タイプ。メーカーにより光の波長設定、ショット状態などが異なり、脱毛効果も使いやすさもかなりまちまちです。エステティックサロンで行われている光脱毛にもこの類の機種が使われています。

光脱毛機器は「痛くない」を売りにしている場合もあります。しかし効果があるものは痛みも少なからずあるように思います。

ルメア SC2001/01

ルメア SC2001

最近の光脱毛機器で注目したいのは、フィリップスと皮膚科医が共同開発した光美容器「ルメア」です。除毛後の肌に光を照射することで、毛根に残っている毛組織を除去し、使用後の肌をキレイに整えることができます。

肌や毛の色、肌の敏感さに合わせて5段階の出力レベルが調整でき(ちなみに、日本人にはレベル3~4を推奨)、また、肌に密着していないと光が照射できない「安全リング」を採用するなど安全性に配慮した設計となっています。

光脱毛機器は初めて、という人にも使いやすく安心で、製品使用テストでは、82%の人がわずか2回の手入れで高い効果を実感したという結果が得られたそう。使用頻度は、最初は2週間に1回、2ヶ月目からは4~8週間に1回が目安です。

実際に記者発表会でムダ毛を脱毛してみたところ、広範囲に使いやすく、ふくらはぎの前面などによさそうです。顔など細かなところには不向きかもしれません。

■フィリップス
ルメア SC2001
59,800円(編集部調べ)

光美容器 光エステ(ボディ用) ES-WH70

光美容器 光エステ(ボディ用) ES-WH70

また全国で売れており、光脱毛機器といえばこれ、パナソニックの光ケア(フラッシュ発光面)とムダ毛を取り除くトリマーを一体化させた光除毛脱毛機器。まずはトリマーで気になる毛を除毛してから、黒い色に反応するフラッシュでムダ毛を狙い撃ちします。脇の下やビキニラインより、腕や脚などのボディ脱毛に適していると思います。使うほどムダ毛の目立たないスベスベ肌に。

他の機器と比べて買いやすい価格で、愛用者も多く、今一番売れているといっても過言ではありません。

■パナソニック
光美容器 光エステ(ボディ用) ES-WH70
オープン価格(25,000円前後、編集部調べ)

買うときには、実際にお店で大きさや使い心地などを試してみることをおすすめします。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。