カラダを温めて、自律神経のバランスを整える

交感神経が優位になっているときは、末梢血管が収縮して、冷えを感じている状態です。逆説的に、皮膚温度を高め、末梢血管の血流を改善することで、副交感神経を高め、自律神経のバランスを整える方法を最後に3つご紹介します。

1) 正しい入浴法で自律神経のバランスを整える

入浴すると1日の疲れが一気に解消されませんか?

それは、水中で浮力が働くため重力から解放されて心身が解放され、筋肉がほぐれやすくなり、結果、全身の血行が改善され、血液中の乳酸が肝臓でエネルギー源のグルコースに変わることで疲れを回復させているのです。また、カラダは熱と水圧から心地いいマッサージ効果を得ることもでき、リンパの流れも良くなり、新陳代謝が活発になります。

それでは、カラダにいい入浴法とは? 

一般的には、お湯の温度は39~40℃、目安として、額が汗ばむまでゆっくりと入ることで、体の深部も38.5~39℃という適温に保ってくれ、自律神経も整います。けれども、これからの季節、どうしても熱めの42℃~43℃のお湯に入りたくなります。そうすると、交感神経が急激に上がり、血管が収縮して血液がドロドロになってしまい、自律神経バランスが乱れてしまいますので必ず、注意しましょう。

2) シミもなくして、カラダも温まる 

夏の日焼けがシミにならないように、この秋、美白に励んでいる方も多いのではないかと思います。病院にて、シミや肝斑を改善するために、内服治療で処方されるお薬ってご存知ですか?

実は、ある3つの処方薬の組み合わせが一般的なものとなります。その3つのうちのひとつは、肝斑の治療薬として効果が認められているトラネキサム酸です。2つ目が、抗酸化作用、コラーゲン生成、増生作用、美白効果のあるビタミンC。3つ目が、血液の循環を改善して肌の老化防止効果を持つビタミンEとなります。

このビタミンEにあたるものが、末梢血管を拡張、巡りを改善させ、お肌の生まれ変わりをサポートすると同時に、自律神経のバランスを整えるサポートをしているのです。

お薬とまではいかなくても、脂溶性ビタミンの一種、ビタミンEが豊富な食べ物として、ひまわり油などの油脂類やアーモンドの種実類。また、大根の葉、モロヘイヤなどの青菜類、かぼちゃや赤ピーマンなどの緑黄色野菜にも多い傾向があります。サプリメントで補うというのも手ですね。

3) 「ドライスキンブラッシング」で、自律神経のバランスを整える

jpeg

皮膚温度を高め、自律神経のバランスを整える、話題の美容健康メソッド「ドライスキンブラッシング」

私の記事、「セルライトは作らない!ドライスキンブラッシング」でもご紹介した、今、話題の美容健康法「ドライスキンブラッシング」。血流、リンパの流れを意識して専用ブラシで行う乾布摩擦に近いメソッドです。

こちらのメソッドの大きな特徴は、美肌効果と巡りを改善する効果。特に、お肌下の毛細血管やリンパ管の流れを改善するので、デトックス効果、セルライト予防にぴったりな美容健康法です。

こちらのドライスキンブラッシング、実は安眠効果も高いという声が上がっており、自律神経バランスが整うということが、WINフロンティア(株)が提供する自律神経測定サービス「Lifescore」によって分かりました。美肌、デトックス作用だけでなく、自律神経のバランスも整えてくれる美容健康です。

正しい入浴法で入浴した後に、「ドライスキンブラッシング」を実践して、今日のストレスは今日のうちに解消し、ストレス太りなんて知らない体を手に入れましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。