味噌風味のカルボナーラ

所要時間:20分

カテゴリー:パスタカルボナーラ

 

味噌の風味が漂うカルボナーラ

イタリアでは、パンチェッタという生のベーコンか、グアンチャーレを使用しますが、今回はベーコンを使用しています。カルボナーラは、もともとはローマ発祥のお料理で、炭焼きパスタ(炭焼き職人風)と言われるパスタで、第二次世界大戦後にヨーロッパ各国に広まっていったお料理の一つだと言われています。日本でも人気が高く、家庭でもよく作られるようになったお馴染みのパスタです。

和風イタリアンのパスタの材料(2人分

カルボナーラの材料
パスタ 160g
オリーブオイル 大さじ1杯
ニンニク 1片
ベーコン 40g
白ワイン 100ml
2個(A)
卵黄 2個分(A)
パルミジャーノチーズ 50g(A)
信州味噌 大さじ1杯(A)
ブラックペッパー 適量(A)

和風イタリアンのパスタの作り方・手順

カルボナーラの作り方

1:

沸騰したお湯に、水の量の1%の塩を加えます。

2:

パスタの上から1/3の部分を持ち、軽くネジってお湯の中に投入し、くっつかないように混ぜ合わせ、指定の茹で時間より1分少なく茹でます。

3:

ベーコンは7~8mm幅の短冊切り、ニンニクは潰しておきます。

4:

フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて弱火にかけ香りを出します。香りが出たら、ベーコンを加えてカリカリになるまで弱火で炒めます。

5:

白ワインを加えて強火にし、アルコールを蒸発させます。

6:

ボウルにAを加えます。

7:

泡立て器で滑らかになるまで良く混ぜ合わせておきます。

8:

5に、茹でたパスタを加えて、1分程度フライパンで絡めます。

9:

8を7のボウルに加えます。

10:

パスタの予熱で卵液と絡めます。

11:

卵液がゆる過ぎる場合は、フライパンに戻し入れ、弱火で素早くかき混ぜて絡め、お皿に盛りつけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ニンニクは一度焦げてしまったら、味の修正が出来ないので注意しましょう。麺を入れた後、強火で仕上げると炒り卵状になり、失敗するので、必ず弱火で火を入れましょう。卵液は、味噌などが固まらないように、良く混ぜ合わせておきます。卵液にパスタを加えて良く絡め、予熱で卵に火を入れて絡ませます。絡みきらず、液の部分が残ったら、フライパンに戻し入れ、弱火でこまめにかき混ぜながら、卵に火を入れていきます。