由緒正しい中華スイーツ・杏仁豆腐

中華スイーツ「杏仁豆腐」

杏仁豆腐は、宮廷料理の最高峰・満漢全席で供されていた逸品!

中華デザートといえば、「杏仁豆腐(シンレンドウフ)」を思い浮かべる人も多いのでは? 実はこの杏仁豆腐、清朝では宮廷料理として供されていた由緒正しい逸品なんです。このページでは、意外に知られていない杏仁豆腐の誕生や種類についてご紹介します。

杏仁豆腐の誕生と歴史

杏仁豆腐の歴史は古く、三国志で有名な三国時代(220~280年)まで遡れるとされています。当時、董奉(とうほう)という医師がいました。華陀、張仲景と共に「建安三神医(後漢の建安に活躍した3人の名医)」と称されています。

董奉は、廬山(中国南方の江西省九江市南部にある名山)で、毎日多くの病人を治療しましたが、治療費は受け取らず、「もし治ったら、杏子の木を植えてください」と言いました。董奉のおかげで元気になった人々は、杏の木を植えていきました。そして、いつのまにか杏の木は数十万本にもなったとのこと。

この伝説から、「杏林」が道徳の高尚な医者の代名詞となったのですが、実は、杏仁豆腐も、「董奉の杏林の杏種で生み出した」と言われています。その美味しさは全国的に広まり、宮廷にも伝わりました。そして、清代には宮廷料理の最高峰「満漢全席」のデセールとして、皇帝や妃たちに供されるまでになったのです。

杏仁豆腐の効能、健康・美容に効果的!

ひんやり冷たい杏仁豆腐は、昔から健康と美容に良いとされてきました。実際、杏仁には、美容効果のあるとされる各種脂肪酸――オレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸など――のほか、ビタミンB群、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。

ただし、こういった効能があるのは、杏の種肉の粉“杏仁パウダー”を使って作った杏仁豆腐だけ。最近よくあるアーモンド粉や香料で作ったものは、残念ながら本物ではないのです。

杏仁豆腐は北方と南方で違う!?

中華スイーツ「杏仁豆腐」

南方の杏仁豆腐は北方よりもミルキーで、口の中でホロリとほぐれるやわらかタイプ

中国人でも知らない人が多いのですが、北方の杏仁豆腐と南方の杏仁豆腐は同じではないんです。北方のものはつるんとした食感で、日本でおなじみのタイプ。一方、南方のものはまろやかタイプで、最近人気の杏仁プリンに近い食感です。

なぜそういった差があるかと言うと、北方は凝固に寒天を、南方はコンスターチを使っているからなんです。大きく分ければ、北京や上海は北方タイプ、広州は南方タイプですが、訪れる地域によって味付けやトッピングなど、細かく違いがありますので、複数都市訪れるチャンスのある方は、ぜひ食べ比べをしてみてください。

杏仁豆腐を食べられるお店

杏仁豆腐はレストランや甜品店(デザート店)で食べられますが、扱っていない店も少なくありませんので、杏仁豆腐が目的の場合は店員に「這里有杏仁豆腐【口馬】?/チェーリ ヨウ シンレンドウフ マ?」と聞いてみましょう。台湾系レストランや香港式カフェレストラン「茶餐廳」は扱っていることが多いですね。また、最近ではスーパーでも売っています。

杏仁豆腐を作ってみたいという方「【肺を潤すデザート薬膳レシピ】カンタン杏仁豆腐」に本格杏仁豆腐のレシピが紹介されています。ぜひトライしてみてくださいね!

>>>中華スイーツ大好きな人、「中国で大ブーム! 本場の中華スイーツ大特集」、「北京のスイーツ」、「香港のスイーツ」、「台北のスイーツ」もあわせて読んでみてください。美味しい情報満載です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。