ハンブルクで一番人気の観光スポット! ミニチュア・ワンダーランド

schweiz

鉄道はもちろん風景や建物、人間も細部まで再現。スイスエリアは建物の4階と5階を突き抜ける形で造られた

ハンブルクでいま注目のエリアといえば、世界遺産にも選ばれた運河沿いの倉庫街シュパイヒャーシュタット。なかでもレンガ造りの建物の一角にある世界最大の鉄道模型館「ミニチュア・ワンダーランド」(ミニチュア博物館)は、ハンブルクの観光スポットのなかでも一番人気です。
ミニチュアワンダーランド外観

世界遺産に登録された倉庫街の一角にあるミニチュア・ワンダーランド。

2001年、ブラウン兄弟が幼い頃からの夢を実現させて創設したミニチュア・ワンダーランドは、世界各地の鉄道にくわえ風景や建物、そこに暮らす人々までも再現したテーマパーク。そのスケールの大きさと緻密さ、あちこちにちりばめられたユーモアが世界中から訪れるゲストを魅了し続けています。

ガイドは2013年に初めて訪れたのですが、自分でもちょっとびっくりするくらい夢中になってしまいました。まわりを見ると、子どもはもちろん大人たちも童心に返って目を輝かせ、あちこちから感嘆の声やため息が聞こえてきます。鉄道ファンやジオラマファンがここに足を踏み入れたなら、きっと狂喜乱舞してしまうことでしょう。

それでは、夢とファンタジーがつまったワンダーな世界をたっぷりとご紹介しましょう!

INDEX
ミニチュア・ワンダーランドの見どころ
レストラン・お土産情報
予約方法・所要時間

参考記事>>>ハンブルクの観光スポット
 

壮大なファンタジーとユーモアあふれる世界

flug

空港では実際に飛行機が離着陸!発着時刻は実物さながらの電光掲示板に表示されるという徹底ぶり

創設時はドイツ中部、オーストリア、クヌッフィンゲン(架空の場所)の3つのエリアでスタートしたミニチュア・ワンダーランドは年々展示を拡大し続けています。2011年には飛行機の離着陸シーンも再現したクヌッフィンゲン空港が完成。2018年現在はスイス、アメリカ、北欧、ハンブルク、イタリアとベネチアなど全10か所のレイアウトを見ることができます。
ミニチュアワンダーランド

野外コンサートの様子。トイレに並ぶ行列など隅々まで芸が細かい!

これまでのレイアウトで使われた列車や車は約2千台、建物は4000以上、樹木は約13万本、人形は26万個。費やした時間は76万時間以上!(2018年12月現在) 全長2cmの人形たちの表情やポーズは一人ずつ作りこまれていて、あちこちでユーモアあふれる人間ドラマが見られます。その完成度にも驚愕ですが、こんな気が遠くなりそうな作業に、真剣かつワクワクと取り組んでいるたくさんの大人たちがいるなんて素敵ですよね。
ミニチュアワンダーランド

20分毎に照明が夜バージョンになる。使用されているLEDライトもすごい数!

列車の運行は、リアルな世界と同じようにすべてコンピューターで制御されています。車、船、潮の干潮、音響、20分毎に昼夜を繰り返す照明などもすべてコンピューターで管理。何十台ものコンピューターが並ぶコントロールセンターは展示フロアの片隅にあり、スタッフたちの真剣な仕事ぶりを間近に見学することができます。
ミニチュアワンダーランド

列車の運行はもちろん潮の干潮や音響、照明まですべてコンピューターで管理。

今後はフランスとプロヴァンスなどのレイアウトが加わる予定のワンダーランド。作業場では建設中の街や、時間によってはスタッフが作業している姿も見られます。次はどんな世界を見せてくれるのか今からとても楽しみです。
 

あちこちに隠された仕掛けやキャラクターを探そう!

ミニチュアワンダーランド

アルプスの山ではハイジやペーター、車いすに座るクララも発見!

ミニチュア・ワンダーランドのレイアウトのなかには、思わずクスッと笑ってしまうようなディティールがたくさん隠されています。アルプスの山ではハイジやペーター、今にも車椅子から立ち上がりそうなクララが。北欧では長靴下のピッピが。街中ではサッカーの試合や仮装行列が行われていたりもします。そのほかにもひまわり畑に隠れたカップル、北欧を旅行中のペンギン家族、トイレ待ちのサンタクロースなどなど、ユーモアあふれるシーンがいっぱい。
ミニチュアワンダーランド

あちこちで事故や惨事も起きています。画像は川に落ちた車の引き揚げ作業中。

楽しいシーンばかりでなく、交通事故や、水死体発見、火事などの惨事も各地で起こっています。銀行強盗が金庫に向かってトンネルを掘っている、というシーンを発見したのですが、よくよく見ると壁の向こうには泥棒を待ち構える警官の姿が。いやはや、芸の細かさに脱帽です。
ミニチュアワンダーランド

ドイツの歴史セクションにて。ベルリンの壁崩壊の様子を再現。

ドイツの歴史のセクションでは、東西を隔てる壁ができる過程や壁崩壊の瞬間を再現したシーンが印象的でした。警官隊と衝突する市民やアパートの窓から逃げようとしている人々など、まるで一人一人が動き出しそうなくらいにリアル。スケールの大きさや技術の巧みさだけでなく、いたるところに見つけられる物語や人間ドラマがこの施設の魅力でもあります。
ミニチュアワンダーランド

リンツのチョコレート工場の様子。中で働く人々や機械の精巧さに感嘆。

ワンダーランドのもう1つの特徴が、あちこちに設置された押しボタン。このボタンを押すとアニメーションが作動したり、スペースシャトルが発射したり、火事の消火活動が行われたりといろんな仕掛けが施されています。スイスのチョコレート工場「リンツ」では、本物のチョコレートが出てくるというおいしい仕掛けが隠されていますよ。
 

レストランやお土産ショップもあります!

rest

飛行機の機内のようなレストランのシート。ビールやコーヒーなどドリンクのほか軽食や日替わり料理を楽しめる

いっぱい見学してお腹がすいたら、セルフサービスのレストランへ。ドイツ名物のカリーヴルスト(カレーソーセージ)やビール、ケーキでひと休みできます。電車や飛行機の機内をイメージした座席が遊び心たっぷり。
ミニチュアワンダーランドお土産

電車に自動車、飛行機など様々なミニチュアがずらり!ポストカードなどお土産も豊富。

出入り口近くにあるショップでは、展示に使われているメルクリン社の鉄道模型ほかミニカーや飛行機のミニチュア、フィギュアなどのおもちゃがいっぱい。なかにはマニア垂涎の限定モデルも。ミニチュアワンダーランドのガイドブック、ポストカード、パズルやゲーム、Tシャツなどのお土産も豊富に揃っています。
 

ミニチュア・ワンダーランドに並ばず入場するには予約が確実!

japan

これまでの来場者数が国別にカウントされた表示板(2013年当時)。近隣諸国に並んで日本からのビジターがすごい数!

ミニチュア・ワンダーランドは年間100万人以上もの人が訪れるという人気施設。週末や雨の日などは特に混み合うようで、安全に見学できるように入場制限されていることもあります。旅行中で時間に余裕が無い、でも絶対に行きたい! という人は事前に予約しておいたほうがいいでしょう。ホームページには毎日の時間帯ごとの混雑予想が詳しく載っていますのでご参照ください。

チケットのページはこちら
毎日の混雑予報ページはこちら

見学の所要時間は少なくとも3時間はみておきたいところ。ガイドの経験上、館内ではあまりにも楽しすぎてあっというまに時間が過ぎてしまいます。鉄道ファンもそうでない人も、ここはぜひゆっくりと時間をとって訪れることをおすすめします!

<DATA>
Miniatur Wunderland
住所:Kehrwieder 2 29457 Hamburg
TEL:040-3006800
営業時間:月・水・木曜8:30~1800 火曜8:30~21:00 金曜8:30~19:00 土曜8:00~23:00 日祝8:00~21:00
※季節やイベントなどで時間変更する場合あり。公式サイトのカレンダーで毎日の営業時間をチェックできます。
入場料:大人15ユーロ
アクセス:U3Baumwall駅から徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。