脳血管障害の問題傾向

脳血管障害に対する問題。当然、臨床の現場でも多くの患者さんが、脳卒中発症後、リハビリテーションや各療法に取り組まれており、その知識や技術について、多くの出題があります。主に脳血管障害に対する理学療法評価をはじめ、脳血管障害を起因とする高次脳機能障害、神経症状、運動機能障害、歩行機能障害、ADL指導など、症例をあげて考察を促す問題が多いです。また、頭部CTやMRIの画像問題出題率は高く、画像から、症状、状態を考察し、どういった訓練が有効か? など、連続で関連問題が出題されているのも近年の傾向です。

脳血管障害の過去問題と解答

過去問題 第51回(2016年)
脳卒中片麻痺に対する斜面台を用いた運動療法の目的で適切でないのはどれか。
  1. 内反尖足の予防
  2. 立位感覚の向上
  3. 覚醒レベルの向上
  4. 体幹筋筋力の維持
  5. 膝関節伸展筋の痙縮抑制

この答えは【5】になります。斜面台による運動療法では、選択肢にある、内反尖足の予防、立位感覚の向上、覚醒レベルの向上、体幹筋筋力の維持
が目的として適切になります。それ以外では、起立性低血圧の改善、抗重力筋促通などを目的とします。痙縮抑制にはなりません。

過去問題 第51回(2016年)
観念失行に関連する行為はどれか。
  1. 検査者のキツネの指を模倣する事ができない。
  2. 杖を持つときに上下を逆さまにして使おうとする。
  3. 麻痺が重度でもそれを意識せずに立ち上がろうとする。
  4. 歩行時、右に曲がるべきところで曲がらずに通り過ぎる。
  5. 「右足を先に出して」と教示してもできないが、自然な歩行が可能。

この答えは【2】になります。観念失行は、道具やモノの使い方や順序がわからなくなる障害です。選択肢の中では2がその状況に該当します。その他の選択肢ですが、1の検査者のキツネの指を模倣することができない。は、観念運動失行でみられる症状です。3の麻痺が重度でもそれを意識せずに立ち上がろうとする。という状態は、自身の身体の状態の理解が乏しい病態失認の状態です。4の歩行時、右に曲がるべきところで曲がらずに通り過ぎる。は、目的地への到達が困難になる地誌的失見当識が考えられます。5の動作指示に対して動作遂行が困難になるのは観念運動失行です。


次ページでも最新問題と画像問題を解説します。