理学療法士国家試験の問題科目について

勉強

問題の範囲とその傾向を知る事。「敵を知り、己を知れば100戦危うからず」果たしてその傾向は?

理学療法士国家試験問題は、「理学療法士及び作業療法士法」に基づいて行われます。そこで行われる試験科目は以下になり、出題科目に関しての変化はありません。これらの科目は養成校のカリキュラムで学んでいる内容ですが、そこで学んだことの全て。もしくはそれ以上の知識をより掘り下げる事も必要になります。

一般問題
  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学
  • 病理学概論
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)
  • 臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法
実地問題
  • 運動学
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法

選択肢の変化について
10年以上前までは、五者択一の問題がほとんどでしたが、最近では五者択二の問題が増えてきています。過去の問題では、複数の答えがある問題であっても、記号で事前に選択肢をひとつにしてくれていました。こういったものが、最近では選択肢を増やす形で出題されるのです。過去の問題で例を挙げてみましょう。

問題例1: 第34回(1999年)
骨格筋の特徴で正しいのはどれか。
ア.ミオグロビン含有量により色が異なる。
イ.内臓筋に比べて電気刺激閾値が高い。
ウ.自律性をもつ。
エ.内臓筋に比べて疲労しにくい。
オ.支配神経の性質により筋線維タイプが決まる。
1.ア、イ  2.ア、オ  3.イ、ウ  4.ウ、エ  5.エ、オ

この問題、正しいものを選ぶのですが、正しいものが2つあります。しかし、出題の時点で選択肢の括りを五択にしてくれており、選択肢は絞られた状態です。問題の答えはア、オが正しいので、この場合、選択する答えは「2」となります。これが、近年の問題だと以下のようになります。

問題例2: 骨格筋の特徴で正しいのはどれか。2つえらべ。
  1. ミオグロビン含有量により色が異なる。
  2. 内臓筋に比べて電気刺激閾値が高い。
  3. 自律性をもつ。
  4. 内臓筋に比べて疲労しにくい。
  5. 支配神経の性質により筋線維タイプが決まる。

同じように2つの答えを選ぶのですが、選択肢の括りがなくなった事で、以下のように選択肢は先ほどの5択から、組み合わせ数10択の問題に様変わりします。

問題例1の選択肢: 【1】【2】【3】【4】【5】
問題例2の選択肢: 【1,2】【1,3】【1,4】【1,5】【2,3】【2,4】【2,5】【3,4】【3,5】【4,5】

これは、正解の選択肢を増やすことで、より正しい選択を思案し正答できるか? なんとなくこれではないか? という、運に頼った正解を減らそう。という難易度の変化が出てきた事例だと考えられます。