問題の関連性を持たせた出題

ひとつの問題が解けたら、前の問題とは関係ない全く違う次の問題へ。そんなことは当たり前?  しかし、それがここ数年で変わってきました。

ここでも問題例を挙げていきます。

問題例:第39回(2004年)次の文により問題1・2・3に答えよ。
問題1

70歳の男性。脳梗塞片麻痺、発症後2か月。図の上の絵を患者の正面に置き、模写を指示したところ、下の図のように描いた。


問題1: 考えられる障害はどれか。
  1. 半側空間無視
  2. 失 書
  3. 失 語
  4. 左同名半盲
  5. 物体失認

問題2: 病巣部位として考えられるのはどれか。
問題2

病巣部位として考えられるのは……

問題3: この障害への対応として適切でないのはどれか。
  1. 食事場面で患側にある食物を意識させる。
  2. 体幹は健側方向への回旋を意識させる。
  3. 理学療法士は患側に立って治療を行う。
  4. 車椅子での集団風船バレーに参加させる。
  5. 車椅子の患側のブレーキレバーに目印をつける。

これはひとつの問いに対し、3つの関連問題が出題されたパターンです。最初の問いの内容がわからなければ、問題を3つ落とすことになります。加えて言えば、こういった出題は1問1点の共通問題と1問3点の専門問題を絡ませる傾向にあり、より現場に近い知識を確認する上でも重視されていると考えられます。

では続いて科目ごとの問題変化や近年行われた試験問題について追って行きますので、下記のリスト内より該当科目をご確認ください。

【関連記事一覧】
理学療法士試験の問題傾向と対策
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。