中国語の検定試験は、中国語検定試験、HSK、TECCの3つが有名です。それぞれ測る能力、レベルに差がありますが、今回は最も知名度のある、中国語検定試験をご紹介します。中国語を学ぶみなさんなら、きっと一度は受けたことがあるはずの試験です。

段階は準4級から1級までの6段階。それぞれ級別にご紹介します。

初中級試験

■準4級(ヒアリング50点 筆記50点 合計60点で合格)
入門試験。

ピンインを正確に把握できているか、基本的な単語、文法が理解できているかをみます。この級のみ、ヒアリングと筆記の総合点で判定します(その他はヒアリング、筆記ともに合格点に達する必要あり)。

週1回の講習会などでの学習でしたら、3ヶ月~半年で挑戦可能です。

■4級(ヒアリング100点 筆記100点 ともに60点以上で合格)
入門~初級試験。

準4級よりは難易度は高めですが、ていねいな学習を心がけていればまず問題ないです。ヒアリング、筆記ともに60点以上で合格ですが、是非とも80点以上での合格を目指したいところです。

週1回の学習で、半年程度から挑戦できるでしょう。
千里の道も一歩から!

千里の道も一歩から!


■3級(ヒアリング100点 筆記100点 ともに65点以上で合格)
初級~中級試験。

このあたりから、1回で合格する人と何回も受験する人が分かれてきます。やはり、ヒアリング、筆記ともに80点以上での合格を目指したいところです。対策本も数冊出版されていますので、試験前に数回解いておくと良いでしょう。

また、この級あたりから、学んでいる教科書による語彙の差が出てきますので、必ず過去問で語彙表をチェックしましょう。この級の取得で、「中国語の基礎の基礎はできます」と言えるのではないでしょうか。

週1回の学習で、半年~1年程度で挑戦可能です。3級までを1年ほどで集中して取得できれば、その後の学習がスムーズに進むと思います。頑張りましょう!

次のページで、中上級の試験を見ていきます!