端午の節句といえば5月5日
中国の【端午節】は旧暦5月5日

粽,ちまき

ちまきを食べるのは共通している

5月5日は端午の節句ということで、日本では「男の子の節句」「子供の日」として定着しています。中国にも【端午節】[Duan1wu3jie2]がありますが、中国では旧暦の5月5日です。

同じ「端午」の言葉を使うことから、やはり中国の暦からのルーツを感じさせますが、日本の「端午の節句」と中国の【端午節】はどこが似ていてどこが違うのでしょうか?【端午節】「端午の節句」両方について知ることで、中国人の友達の話題の種も増えるかもしれませんね。

※「端午節」「端午の節句」の起源については諸説あり、そのすべてをご紹介することはできません。諸説ある中から、ガイド個人が有力と思われるものを選んだ、個人的見解をもとに記事を作成しておりますことをご理解・ご了承願います。

【端午節】は「こどもの日」ではない!中国の「こどもの日」は6月1日

中国の「こどもの日」にあたる【児童節】[Er2tong2jie2]は6月1日です。「児童節」を中国政府が定めたのは2002年。まだ歴史の新しい祝日です。

それに対し「端午節」は、春節・中秋節に並び、中国の三大伝統節句とされています。つまり、日本の「端午の節句」は、中国の端午節が伝わったものであるけれど、日本の習慣の中で独自なアレンジが加わって発展するうちに、「こどもの日」という意義も加わったことがうかがえます。

それでは、中国の端午節は、いつ、どのように生まれたものでしょうか?

「端午」という言葉のそもそもの意味は?


「端」には「はじめ」という意味があります。「端午」は「午のはじめ」のことであり、十二支を各月にあてはめた時「午の月」は5月になります。ということで「端午」は「5月の初旬」という意味なのです。

「端午」の【午】[wu3]は、数字の【五】[wu3]と同じです(日本語も「ご」の発音は同じですね)。おそらく、暦が生活の中に浸透しつつあった素朴な時代に、5月の初旬の5日はゾロ目で語呂もいい……、ということで、やがて「端午」という言葉が5月5日に結びついていったのではないかと思われます。

それでは、中国の人々は「端午節」をどのように過ごしているのでしょうか?

中国の【端午節】にはドラゴンボートのレースが行われる


【端午節】に行われる有名な行事といえば、ドラゴンボートレースです。

「ドラゴンボート」とは、国際大会も開かれているスポーツ競技です。
舵取り1名、太鼓手1名と18~20人の漕手からなる細長いボートで、龍を模した飾りが施されています。

中国語で【龍船】[Long2chuan2]と言います。

中国発祥のスポーツであるドラゴンボートレースは、春秋戦国時代の政治家かつ詩人であった屈原の入水自殺がきっかけとなって生まれました。楚の政治家であった屈原は、正義感の強さと愛国心で多くの人の人望を集めていましたが、その反面、王に自分の忠告を聞き入れられなかったり、同僚の陰謀で地位を追われたりなど、不遇の人でもありました。

中国古典文学の名作として現在も読み継がれている「楚辞」の「離騒」は、屈原が国を憂い、その想いが届かず世を儚んでいる心情が詠われています。そしてその詩のように、彼は楚の将来を儚んで5月5日に入水自殺してしまいました。

人々は屈原の遺体を探すために、川に船を出しました。しかし遺体は見つかりません。屈原の体が川の中で魚の餌になるのはしのびないと考えた人々が、船から太鼓を叩くなど大きな音を立てて魚を追い払いました。

それ以降、5月5日は屈原を偲んで川に船を出すという習慣が生まれ、それがやがてドラゴンボートレースとして発展することとなったのです。

現在では、公式なスポーツとして行われるドラゴンボートレースと、民俗的行事のお祭りとして行われるドラゴンボートレースがあり、旧暦5月5日には中国各地で様々な形で楽しまれています。

そんな中国の【端午節】で食べられるものといえば?(次ページ