「端午の節句」は中国から伝わった行事が日本に定着したもの

こいのぼり

男の子のすこやかな成長を祝う端午の節句

一般的に「こどもの日」と言われている端午の節句は、男の子のすこやかな成長と立身出世を願う行事。古代中国では、5月は物忌み(行動と慎み、身が汚れないようにする)の月とされ、この時期には邪気や悪霊を祓うために菖蒲(しょうぶ)湯に入り、菖蒲酒を飲んだりする習慣があったそうです。

端午の端は「はじ・最初」、午(うま)は「午の日」、つまり端午とは、5月の最初の午の日という意味。このお節句、はじめは必ずしも5月5日ではなかったようですが、午と五の音が同じことから、五が重なる重五の日、5月5日が厄払いの日として定着いったと言われています。

日本でも平安時代に5つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、当時の貴族の間では、季節の節目の身のけがれをはらう大切な行事に。これが、宮中から鎌倉の武家社会へとひろがります。武士は菖蒲を「尚武=武芸を尊ぶ」とかけ、盛んに端午の節句を祝うようになりました。

この流れを受け、江戸幕府が、5月5日を重要な式日の日と定め、大名や旗本が将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。これらの風習がやがて裕福な庶民へとひろがったそうです。

 

男の子のすこやかな成長を祈る!鯉のぼりや鎧兜の由来は?

端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事が、庶民にも定着していったお祝い。江戸時代、庶民は幟を立てられなかったので、かわりに鯉のぼりをあげるようになります。やがて、紙の兜や人形を飾るようになり、これが武者人形などに発展したそうです。

鯉のぼりは「鯉が滝をのぼりきると竜になる」という中国の故事に由来しているそう。黄河の上流の急な流れを鯉が上るということから、鯉は出世魚とされ、子どもの立身出世の象徴となったようです。

鎧兜(よろいかぶと)は古くから命を守る象徴として考えられ、事故や病気から赤ちゃんを守ってくれるという願いをこめて飾られています。
 
>> 鎧兜はコンパクトなタイプが人気