お宮参りとは?赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする行事

お宮参り

お宮参りのやり方は?一般的な事例をご紹介!

お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う意味のある行事のこと。初宮詣(はつみやもうで)、初宮参り、産土参り(うぶすなまいり)と呼ばれる場合もあります。

お宮参りのやり方は地域によって様々なので、時期や服装・マナー・写真撮影・初穂料などに悩まれる事も多いもの。本記事では、一般的な事例を解説するので、お住まいの地域の慣例と合わせて行うように参考にしてみてください。

【目次】お宮参りの基本&マナー


>> 次ページでは「お宮参りをする神社や時期」について紹介します。