春水堂(チュンスイタン)とは?

石、木、緑を用いたシンプルで洗練された春水堂

石、木、緑を用いたシンプルで洗練された代官山の春水堂(チュンスイタン)

タピオカミルクティー発祥の店として台湾で人気の「春水堂」は、日本人観光客にもファンが多く、待ち望んでいた方にとっても日本初上陸はとても嬉しいニュースになりました。2013年7月27日に、日本1号店が代官山にオープンしました。オープン当日には、タピオカが品切れになってしまうほどの盛況ぶり。一旦休止になってしまったタピオカドリンクですが、早急なタピオカの供給体制の調整によって、数日後には数量限定販売、通常販売再開となりました。無添加商品である「春水堂」のタピオカは、一度味わうと忘れられない食感です。

春水堂は、創業1983年、台湾で38店舗を展開する現地でも人気のカフェチェーン。タピオカミルクティー発祥の店として、本場台湾で国民的な人気を誇っています。一番人気のタピオカミルクティーの他、鉄観音の焙煎の香りとなめらかなフォームミルクが一体となった濃厚で風味豊かな「鉄観音ラテ」や、愛玉ゼリーとジャスミンを組み合わせ、爽やかな香りが口の中に拡がるすっきりとした「愛玉ジャスミンレモンティー」など、時代に合わせた新しいスタイルのお茶メニューが充実しています。

一番人気のタピオカミルクティー

一番人気のタピオカミルクティー

創業者の劉漢介氏は、台湾で初めて西洋のカクテルシェーカーを使い、伝統のホットティーを大胆にアイススイートティーに変え、一躍有名に。1987年には、ローカルフードのタピオカをドリンクにミックスした「タピオカミルクティー」を発売したことから、世界的にもブームが広がることとなりました。

今では、タピオカミルクティーは、コンビニなどでも買うことのできるほど身近な飲み物となりましたが、こだわりの素材と確かな技術で提供される春水堂のタピオカミルクティーは格別です。なかなか本物の味に出会えなくてもどかしい思いをしていた方にも春水堂の日本上陸は大きな喜びをもたらしてくれることとなりました。