額縁コンテナって?

額縁コンテナ

額縁コンテナ使用例

コンテナ(ontainer)とは、容器類を指す英語ですが、ガーデニングでは植物を植えこむ鉢全般を指します。

つまり額縁コンテナとは、その一部を絵画の額のように仕立てた鉢ということになります。庭を彩るおしゃれなグッズとして、ガーデニングショップや雑貨屋、インテリアショップで商品化されたものを見かけたことがある方もいらっしゃるでしょう。

今回はこの額縁コンテナを、工作の手間をできるだけ省けるよう市販品などを上手に利用して作成する方法をご紹介します!

 


市販の木箱を使って

難易度レベル★ 製作時間30分~ 予算100円(税抜)~
材料は、100円ショップ「Seria」で購入した蓋付きのコレクションケースです。この蓋に付いている透明プラスチックをカットして、そのままフレームにしてしまおうというものです。なので作り方といっても、下画像のマスキングテープ上辺部をカッターで切り、斜線部を取り除くだけなのですが……。
額縁コンテナ

コレクションケースからの作成例

実際に制作に入るとこのプラスチック板、カットするには予想外に丈夫でした。通常のカッターより、アクリルカッターを使った方が作業効率が良いと思いました。また、本体のフレーム部分にはめ込まれている状態のため、ラインをうまくカットできてもすんなりと外れてくれず、無理に外そうとするとベキベキと亀裂が入るという難物だったのです。

不要な部分に亀裂が入っても問題ありませんが、ストッパーとなる部分に亀裂が入ってしまい使用できなくなった場合は、「下敷き」で代用しましょう。

作例2の画像は、これも100円ショップで買ったグリーンの下敷きをカットしてはめ込んだものになります。このまま飾ることもできますし、壁掛けにしたい場合は、箱の裏に「三角吊り金具」を付けます。

作例3は、作例2を応用したミニサイズにガイド記事「卵だってプチガーデニングで可愛く変身!」で作った卵を入れています。予算は105円~となっていますが、下敷き、金具、植物を3株入れるとすると600~700円くらいになるかと思います。家にあるものを上手に利用しましょう。

次ページでは、もうちょっと工作の要素が入った作例をご紹介します。夏休みの作品のヒントにもなりますよ!