歯のホワイトニングの施術は、医療行為となります。最近、ヘアサロンやネイルサロン、もしくはエステサロン等で歯のホワイトニングが安く行える等の話を耳にすることがありますが、値段が安くても、歯のホワイトニングは強い薬剤を使用しますので、医学的な知識の裏付けのない施術は非常に危険です。きちんとしたクリニックで、ドクターの適切な指導の下、行われることが大切です。

今回は、クリニックで行うホワイトニング治療のポイントと、賢いクリニック選びをご紹介します。

ホワイトニングは2種類ある

ホワイトニング治療は、大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングに分けられます。オフィスホワイトニングはクリニックで行うもので、ホームホワイトニングはご自宅で行うものです。きちんとしたホワイトニング効果を上げるためには、この2つのホワイトニングを組み合わせて行うことが大切です。それぞれのホワイトニングのポイントを見ていきましょう。

オフィスホワイトニングのポイント

1.ホワイトニング前にきちんと歯の汚れを落とすこと
歯の表面には、目に見えない汚れがついています。この汚れを落としてからホワイトニングの薬剤を塗ることで、より歯に浸透しやすく、ホワイトニングの効果を上げることが出来ます。ブラッシング(歯ブラシなどで歯を磨くこと)では、目に見える汚れは落とせますが、ヤニ汚れや目に見えない汚れは落とせません。エアフローなどの、高圧で水と粒子を噴射する機械を使って、目に見えない汚れまでをきちんと落としてホワイトニングを始めることが大切です。

2.歯ぐきに保護剤を塗布してくれること
オフィスホワイトニングには、非常に強い薬剤を使用します。歯ぐきはとても弱いため、薬剤が歯ぐきに触れないように、歯の際に保護剤を塗ることが大切です。同時に、保護剤をきちんと塗ると、歯の根元の一番色が濃い部分にまでホワイトニング剤を塗ることが出来るので、より効果的にホワイトニングを行うことが出来ます。

3.歯に熱を持たせないようにホワイトニングを行うこと
以前主流だった、光やレーザーを使用するホワイトニングを行うと、歯の温度が上がってしまいしみるような痛みを出してしまいます。出来るだけ歯に熱を持たせず、負担をかけずにホワイトニングを行うことが大切です。最新のホワイトニングでは、特殊なジェルのみで歯を白くすることができ、歯にまったく熱を持たせません。歯を休ませる期間も不要で、しみるような痛みもほとんどありませんので、安心してホワイトニングを受けることが出来ます。

4.フッ素を塗布してアフターケアを行なうこと
ホワイトニング治療を行った後の歯の表面は、髪でいうとシャンプーをした後のような状態。刺激を受けやすく、表面が繊細な状態になっています。この状態でフッ素を塗ることで、歯の表面の修復を促進させ、同時にホワイトニング効果を高めることが出来ます。

5.数値で色を比較できること
オフィスホワイトニングを行って、どの位白くなったのかは、とても気になるポイントですね。主観的に見て「なんとなく白くなった」ではなく、客観的に数値で「確実に白くなった」と納得できることが大切です。歯の色を数値で示すシェード・アイという装置を使い、治療の前後で歯の色を数値測定してくれる歯科医院は、特に安心できると思います。

次は、ホームホワイトニング治療のポイントをご紹介します。