ホームホワイトニングのポイント

1.最新で適切な濃度のジェルを使用すること
ホームホワイトニングは、ご自宅でマウスピースのようなトレーにジェルを入れ、歯に装着して行います。ジェルは医師の指導の元、体質などに合わせて処方された、適切な濃度のものであることが大切です。また常に最新のジェルを処方してもらうことも大切です。現在は第三世代のジェルがもっとも新しく、痛みが少なく、ホワイトニング効果ももっとも優れています。

2.ジェルが留まる構造のトレーを使用すること
マウスピースのようなトレーにジェルを入れてホームホワイトニングを行いますが、装着時間中にジェルが流れ出してしまうと、ホワイトニングの効果も半減し、歯ぐきに痛みを引き起こしてしまうことがあります。トレーの1歯1歯にわずかなくぼみを持たせ、ジェルが留まりやすい構造になっていることが大切です。

組み合わせてホワイトニング効果をよりしっかりと

オフィスホワイトニングでしっかりと白く明るい状態にし、ホームホワイトニングで色戻りを防ぎながら白さを定着させる方法が、もっともホワイトニング効果を高めることができます。

組み合わせることで、段階的に白く

組み合わせることで、段階的に白く

右の図は、ホームホワイトニングを行いながらオフィスホワイトニングを行った場合の白さの変わり方のグラフです。最近は1回だけで終わるという手軽さをうたったホワイトニング治療も増えていますが、きちんと白さを定着させ、白く明るいお口元を手に入れたいのなら、ぜひ、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを正しく組み合わせてホワイトニング治療を行ってみてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。