種だんごって、どんなもの?

種だんご

これが種だんご!

字面から何となくお団子状のものかなぁという想像はつくかもしれませんが、「種だんご」という言葉を初めて目にされる方も多いことでしょう。

この種だんごは、以前から自然農法で使われてきた手法である「粘土団子」を、もっと簡単に手軽に楽しめるようにと試作を重ねて考えられたものです。
 

ここが楽しい!種だんご

種だんごの具体的な作り方を解説する前に、まずはその魅力についてお話しましょう。

従来の種まきというのは、地道で、地味な作業でした。庭に直まきであるとか、トレイにバラまきならまだしも、たくさんの種を点まきしたりすじまきしたり……というのは、肩のこる作業です。

しかし種だんごは、泥遊びの延長のように練った土をお団子状に丸めて作ります。ですから、種まきが「作業」ではなく、小さな子から高齢の方まで老若男女問わず楽しくできる「遊び」になるのです。

もう一つの魅力は、その「まき方」にあります。通常であれば、ちゃんと発芽するように神経を使って種をまくわけですが、種だんごはポーンポーンと放り投げてまくのです!

みんなで集まってワイワイと種だんごを作り、キャーキャー言いながら種だんごを放り投げる……種まきで立派に楽しいイベントの成立です!
 

種だんごの材料

  • ケト土
  • 荒木田土
  • 緩効性肥料(マグァンプ、マイガーデンなど)
  • 数種類の種(まきどきが同時期のもの)
  • 使い捨て手袋(薄手のポリエチレン、ビニール、ゴム手袋など)
  • あれば珪酸塩白土(ソフトシリカ ハイフレッシュ)

種だんごの作り方

種団子の元

練った土を小分けにします

まずは、団子の元となる土を混ぜましょう! 用意したケト土と荒木田土を、7:3の割合いでよく混ぜます。

けと土は、粘土質で重い黒い土で、苔玉作りや、「光る泥だんご」にも使われます。荒木田土の方は赤土を粘土質にしたような土で、固い塊が混じっていることがあります。事前に袋のままか、破けないようにビニール袋などを重ねて、上から木槌などを使って塊を砕いておくと混ぜやすくなります。混ぜあわせた土に水を加え、耳たぶ程度の硬さになるように練り混ぜます。

それを一旦、直径3センチほどの団子になるよう、ザッと小分けにします。これに緩効性肥料をひとつまみ加えて、お団子に丸めます。このときあまり大きなお団子にしてしまうと、発芽が悪いようなので注意しましょう。
 
ミックスシード

花のミックスシード

できあがったお団子に、まきたい種をまぶしつけます。撮影時は、コスモス、ジニア、ヤグルマギク、サポナリアなどのミックスシードを使用しました。ここでも種をつけすぎると一箇所からワッと芽が出て大変なことになるので、つけすぎ注意!です。

種をつけたら、土に馴染むようさらにコロコロ丸めましょう。なお、ヒマワリやフウセンカズラといった大粒の種は、団子の中に埋め込んでしまいます。

以前イベントで作った際は使わなかったのですが、いまだ進化中の種だんご、今回は表面に発芽・発根を促進する珪酸塩白土(ハイフレッシュ)をまぶしていました。無ければ省略しても構いません。
 
種団子

珪酸塩白土をまぶした種団子

できあがった種だんご、お菓子のようにも見えてしまいますね。ハイフレッシュは食品添加物にも使われる安全なものということですが、小さいお子さんが誤って口にしないよう気配りは怠らないようにしましょう。

さあ、後はみんなで楽しく種だんごまきです!なお、まいた種だんごは軽く踏んでおくと地面に圧着するので、どこかに転がっていってしまうということもなくなります。
 

家庭で楽しむには

花畑

ミックスシードが開花すれば、こんな花畑に?!

イベント性のある種まきのためには、広い場所が必要となりますが、もちろん家庭でも問題なく楽しめます。庭に放り投げてもいいですし、植えたい場所に置いてもOK。この時も、種だんごをチョイと踏んで、圧着させておきましょう。

また、鉢植えで楽しむこともできます。その場合は、鉢土に種だんごを半分くらい埋めるようにしましょう。

種だんごは保水性があって乾燥しにくい土を使っていますが、鉢植えの場合は種だんごが乾燥してしまう前に水やりをしてあげましょう。

種によってばらつきがありますが、早いもので3~4日後くらいから発芽が始まります。発芽が揃い、芽が混みすぎている場合は、適宜間引きをして楽しみましょう。仕込む種を吟味すると、そのまま寄せ植え状態にすることも可能ですし、葉物野菜などで試してみるのも面白いと思います。

大勢でのイベントに、また家庭での花育にも役立つ種だんご、ぜひ試してみてください!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。