フード系のお土産

マレーシアのフード系お土産といえば、マンゴーグミベリーズのチョコレート(最近は100円ローソンでも買える!)が定番。今回は、それ以外で、ガイドがいつも購入しているものご紹介。

フード系お土産1 スーパーにある赤い蓋のクッキー

赤い蓋のクッキー

写真中央。地元の人がよく食べている赤い蓋のクッキーがおいしい!

プラスチックの透明ボトルに赤い蓋。これは、お土産用の商品ではなく、マレーシア人がふだん食べているクッキーです。スーパーで売られているもので、お菓子コーナーか、ベーカリーコーナーに山積みになっています。1個10リンギット(約300円)ほどで、アーモンド入り、バイナップルジャム入り、プレーンなど種類豊富。ほろほろと口のなかでくずれる柔らかな食感で、甘さもちょうどいい。蓋があるので保存も重宝します。

<DATA>
■スーパー「GIANT」「Cold Strage」「JUSCO」などのスーパーで購入可

フード系お土産2 朝食には欠かせないカヤジャム

ラベンダーのカヤジャム

ショッピングンセンターにあるパン屋「ラベンダー」のカヤジャム

カヤジャムとは、ココナッツミルクでつくるジャムのこと。マレーシア、シンガポールで昔から食べられていた伝統的なジャムで、今もなお朝食には欠かせないアイテムです。その昔、果物のジャムが高価だったころ、地元でふんだんに採れるココナッツミルクを使ってジャムを作るようになったのがその始まりとか。カスタードクリームのような甘さ、まったりとした口あたりが特徴。薄切りの食パンをトースターでカリッと焼いて、カヤジャムとバターの両方を塗って食べるのが定番です。写真はガラス瓶に入った高級バージョンですが、スーパーでプラスチック容器の安いカヤジャム(1.5リンギット(約450円)ほど)も売っています。

<DATA>
Lavender Bakery & Bistro(ラベンダー) 
住所:Level 1,Pavilion, 168 Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Malaysia
Tel:03-2141 6986
営業時間:パビリオンに準じる

フード系お土産3 マレーシア名産の紅茶「ボー・ティー」とホワイトコーヒー

ボー・ティー、ホワイトコーヒー

フレーバーティーが人気の「ボー・ティー」ブランド。パウダータイプの甘い珈琲も人気

イギリス統治時代の名残りでありながら、今ではマレーシアの特産物になったキャメロン・ハイランドの紅茶。なかでも「ボー・ティー」は、キャメロン・ハイランドを代表する紅茶メーカーで、その味にも定評があります。王道のゴールドブレンドから、パッションフルーツ、ローズなどのフレーバーまで種類も様々。値段は1箱10リンギット(約300円)より。また、珈琲チェーン店として人気の「オールド・タウン」が販売している、パウダータイプのインスタントコーヒーもおすすめ。砂糖とミルク入りの甘いコーヒーで20袋入り15リンギット(約450円)。最近では、紅茶とコーヒーをミックスした「チャム(Cham)」も人気商品です。ちなみに、トンカット・アリという漢方系ハーブが入ったものもあり、こちらはとくに男性のエネルギーUPにつながるとか。話題作りにいかが?

ファッション系のお土産

マレーシアの民族衣装、クバヤ

カラフルな民族衣装は夏に着ると通気性もよくて涼しいです

クアラルンプールの街並みを歩いていると、カラフルなロングスカートに身を包みながら、涼しげに街を歩いているマレーシア人女性をよく見かけます。彼女たちの着ている民族衣装を買いたいなら、インド人街のトゥンク・アブドゥル・ラーマン通りに出かけましょう。写真のような上着とサロンがセットになったニョニャ・クバヤ(120リンギット(約3600円)~)や、ロングスカートと長めの上着がセットになったバシュ・クロン(100リンギット(約3000円~))がたくさん売っています。インド系マレーシア人も多いので、サリーやパンジャビの種類も豊富。キラキラのネックレスやブレスレットにも思わず見入ってしまいます。

そのほか、ガイドが必ずチェックする店は、パビリオン等にあるサラビアンカのビーズ刺繍バック、チープなビンチーのサンダル、ショッピングセンター内の露店で出ているカシミアのストールなど。あれもこれもとつい買ってしまって帰りのスーツケースの重量はいつもドキドキ。でもおかげで、わが家にはマレーシアグッズがあふれていて、自宅にいてもマレーシアを感じることができるのです。

こちらの記事もチェックしてみて下さいね。>>スーパーで買うマレーシアのお土産マレーシアのお土産マレーシアで買いたい!お土産雑貨おすすめ8選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。