マレーシアのお土産探しは、ショッピングモール内のスーパーで

マレーシアのスーパー

ショッピングモール内にあるスーパーは、アイテムが探しやすい

お土産を買いにスーパーに行くなら、ショッピングモール内のスーパーがおすすめです。たとえばクアラルンプール中心部では、KLCC内のISETANスーパー、パビリオン内のメルカート、スンガイ・ワン・プラザ内のジャイアント。バンサー近くのミッドバレー内には、ジャスコやカルフールが入っています。これらのスーパーは、お土産用のかわいいパッケージの商品からローカルアイテムまで、幅広い品ぞろえですし、値段もお手頃です。

在マレーシア中の数々の実体験を経て、自信を持っておすすめするアイテムを紹介する前に、2点、ご提案があります。

まず、スーパーで売っている、味の想像がつかないローカルお菓子(スナックや駄菓子系)。つい、遊び心で手を伸ばしてしまいますが、お友達へのお土産としては不向きです。冒険心は自分のためのお土産に。お友達や会社へは、手堅いお土産を選びましょう。

もうひとつは、自宅でのマレーシアパーティーのおすすめ。これらのお土産を相手に渡してしまうのではなく、自宅に招いて、みんなで一緒に味わうのです。マレーシア料理やお菓子を食べながら、親しい友人とともに旅の余韻に浸るのは最高のひとときです。

友人や会社向けお土産 マンゴーグミ

マンゴーグミ

甘さひかえ目で、マンゴー味を凝縮

マンゴーの果汁がギュッと凝縮したグミ。硬めの食感で、噛むごとにマンゴーの風味が口中に広がります。スーパーには、色んなメーカーのグミがあり、フレーバーも様々ですが、Lot100マンゴーグミがいち押し! とくに子供に人気で、私のことを「おいしいマンゴーグミをくれた人」と覚えてくれた5歳男児がいたほどです。小分けになっているので、会社へのお土産にもマル。空港で買うと高級なのでスーパーで見つけて。値段は3.5リンギ(約100円)。

 

英国領時代の名残り……ボー・ティー、インスタントコーヒー

マレーシアの紅茶、コーヒー

小分けになっていて、ばらまき用にも

イギリス統治時代の名残りでありながら、今ではマレーシアの特産物になったキャメロン・ハイランドの紅茶。なかでもボー・ティーは、キャメロン・ハイランドを代表する紅茶メーカーで、その味にも定評があります。王道のゴールドブレンドから、パッションフルーツ、ローズなどのフレーバーまで種類も様々。値段は小サイズで2.5リンギ(約60円)より。

また、パウダータイプのインスタントコーヒーもおすすめ。砂糖とミルク入りの甘いコーヒーで20袋入り15リンギ(約400円)です。