カフェは人によって使い方もいろいろです。カフェで一日を始める人、毎日ランチに来るマダム、待ち合わせ、仕事、帰宅前のビール。カフェの席に座って、フランスの日常の顔を是非発見してください。


席のこと

イメージ画像

いろいろなタイプのカフェ。カフェはやはりフランスの魅力のひとつです。

一般的なカフェでは、自分で席を選んで座ってもまず問題ありません。
ひとつだけ気にしておいていただきたいのは、席によって値段が違うことです。一物二価方式といえば、わかりやすいでしょうか。立ち飲み・カウンター席は、店内テーブル席、外のテラス席より安くなっています。

食事の時間には、食事席と飲み物席が分かれていることもあります。飲み物だけのときには、テーブルがセットされていない席を選びましょう。


コーヒーの種類

フランスのカフェで、
Un café s’il vous plait. (アン カフェ シル ヴ プレ)
と注文すると出てくるのは、エスプレッソです。

注文を受けた人がカウンターに向かって、
Un express (アン ネクスプれス)
と言いますが、エスプレッソひとつということなのでご心配なく。
もちろん、こちらの言い方も使えます。

エスプレッソでは濃すぎるという方には、お湯で薄める
café allongé (カフェ アロンジェ) をおすすめします。
イメージ画像

おどろくほどたっぷりの生クリームが豪華に乗っている cafe viennois。



カフェ・オ・レは、grand crème (グらン クれーム)です。Café crème (カフェ クれーム) でも通じますが、小さなエスプレッソ用のカップに入って出てくることもあるので、たっぷり飲みたいときには、grand をつけることをおすすめします。 

Café noisette (カフェ ノワゼット) といって、エスプレッソにミルクをたらしたコーヒーもあります。

山のように生クリームの乗ったcafé viennois (カフェ ヴィエノワ) は、寒い季節にはうれしい飲み物です。