今年もあのイベントがやってくる! 金魚とアートを融合し、大反響を得ている毎年恒例となった水中アート展「アートアクアリウム」が、2013年も東京・日本橋で開催される。
※(すぐにイベント詳細情報一覧を確認したい方はこちら!)
※(「アートアクアリウム2013に行ってきた!全貌公開!」記事はこちら!)
2013年新作!「キモノリウム」作品イメージCG

アートアクアリウム2013 新作!「キモノリウム」作品イメージ


アートアクアリウム2013! 開催期間は7/13(土)~9/23(月・祝)

「アートアクアリウム」とは、江戸時代より日本人に広く親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と、光・映像など最新の演出技術を融合した水中アートの展覧会。毎年長蛇の列が作られる大人気のイベントとなっている。今年は、『ECO EDO 日本橋 ダイナースクラブ アートアクアリウム2013~江戸・金魚の涼~』と題して、日本橋三井ホール(所在地:東京都中央区日本橋室町)にて、7 月13 日(土)から9 月23 日(月・祝)まで開催される。
カレイドリウム

カレイドリウム


今年のテーマは「江戸・金魚の涼」

今年のテーマは「江戸・金魚の涼」。珍しい品種も含めた約5,000匹の金魚が、江戸情緒が感じられる水中空間を艶やかに舞い泳ぐ。 「涼しさ」と「日本の美」を体感できる空間を創り出すのは、アートアクアリウムプロデューサーの木村英智氏。 昨夏、日本橋で開催された「アートアクアリウム展2012」は、39日間の開催で20万人を超える動員を記録し、TVや新聞などでも取り上げられるなど、大反響を呼んだ。今年は、京都の伝統工芸品の一つである“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、生きた本物の金魚と3Dプロジェクションマッピングで着物の柄を表現する新作「キモノリウム」を新たに登場させる。また、様々な金魚が一同に揃う「金魚コレクション」の水槽も、大小の丸い形で壁から飛び出す演出に新しく生まれ変わる。
アートアクアリウム展2012の様子

昨年のアートアクアリウム2012


その他にも今年からの新作が多数登場!

この他にも、昨年までのイベントの目玉であった約1,000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢「花魁(Oiran)」の流れを組む超大作の新作など、初公開となる作品が多数登場し、更なる進化を遂げた水中アートの世界が展開される。 また、期間中は毎日19時から、同会場で「ナイトアクアリウム」を開催。音楽と照明を転換し、ドリンクを飲みながらゆったりと水中アートを鑑賞できる大人の空間が演出される。ドリンクは、日本酒やビール、アートアクアリウムオリジナルの「金魚カクテル」などが用意され、週末には豪華アーティストのスペシャルライブやDJパフォーマンスも予定されている。

東京・日本橋の新たな夏の風物詩となった「アートアクアリウム」。2013年の今年も大いに期待したい。

>>アートアクアリウム2013 記事
>>アートアクアリウム2013 詳細情報一覧