今回は、正式に品種として承認されている全22種類の金魚の流麗な写真を、大きな写真でご覧頂こうと思います。使用している写真は、2013年の日本観賞魚フェアで展示されていた優良魚ばかりです。品種の説明は、見分けるための特徴など最低限に抑えました。是非、金魚の美しさをご堪能下さい。

和金タイプの金魚

和金タイプとは、背ビレがあり、フナに近い長い体型の金魚の品種のことを指します。地金を除く和金型の金魚は泳ぎが速いので、飼育する場合は和金型の金魚のみの水槽で飼育することが望ましいです。
和金(ワキン)

和金(ワキン)

和金(ワキン):赤い鮒(ヒブナ)の持つフナ尾から、三つ尾や四つ尾といった開き尾を持つ個体が突然変異で出現したもの。最もフナに近い体型をしており、全ての金魚の原点種。

朱文金(シュブンキン)

朱文金(シュブンキン)

朱文金(シュブンキン):三色出目金とヒブナ及びフナ尾の和金との交配によって日本人の手により作出された。和金型の体型に長いフキナガシ尾、体色が赤、青、白、黒の和を感じさせる雑色、モザイク透明鱗が特徴。

コメット

コメット

コメット:アメリカで、琉金の突然変異個体をフナと交雑させ固定化された。体型は和金型、体色は白地に朱(赤)色、長く伸びたフキナガシ尾が特徴。

地金(ヂキン)

地金(ヂキン)

地金(ヂキン):江戸時代初期、和金からの突然変異によって尾ビレが立ち上がった魚を選別し、尾張藩士が固定化したとされる。和金型の体型に、クジャク尾というX字に開いた特殊な形の尾と、口先と各ヒレの計6箇所が赤く、他の部分は白い模様、いわゆる六鱗(ろくりん)と呼ばれる独特の体色が特徴。愛知県の天然記念物。体質が比較的弱いので、上級者向けの金魚。

>>和金タイプの金魚
>>琉金タイプの金魚
>>オランダタイプの金魚
>>らんちゅうタイプの金魚

関連外部リンク
※おすすめ外部リンク:金魚の品種(種類)カタログ
※おすすめ金魚アプリ:日本金魚図鑑(iOS、Android対応)