一匹ずつ個性が見られる金魚

金魚を鑑賞しよう

 

金魚は一匹として同じ体色、同じ体型を持つ個体はないと言われています。金魚には人間と同じように個性があるのです。熱帯魚と金魚の最大の違いはそこにあるのかも知れません。熱帯魚の鑑賞は魚一匹々々と言うよりも、水草・敷砂といった水槽全体のトータルを画として楽しむような気がします。しかし、金魚の場合は、同じ種類の場合でもそれぞれが画になりうる違う体色、体型、鱗を持っているため、個体により異なる大きな個性があると思うのです。ここでは、金魚を金魚たらしめている、金魚の体色と鱗(うろこ)の様々な種類について説明していきます。


金魚の色柄の主な種類について

・猩々(しょうじょう)
猩々(しょうじょう)の和金

猩々(しょうじょう)の和金

頭から尾ビレまで全身が真っ赤のものを猩々と言います。金魚の体色の赤は、全般的に濃ければ濃いほど良いとされますが、赤の濃い猩々の金魚を見つけることは意外と難しいです。

・素赤(すあか)

基本色が赤で尾やヒレの先端が白いものを素赤と言います。金魚すくいの金魚や、ホームセンターなどで安価で販売されている金魚は素赤が多いです。多く見られる金魚の色柄の種類の一つです。

・更紗(さらさ)
赤勝ち更紗の琉金

赤勝ち更紗の琉金

更紗とは、赤と白のまだら模様のことです。更紗は、非常に華やかで美しく、赤と白がバランスよく入っているものが良いとされ、観賞価値も高いとされています。赤が多い個体を赤勝ち更紗、白が多い固体が白勝ち更紗と呼びます。和金と琉金は一般的に赤勝ち更紗模様を持つ個体が好まれます。更紗は、日本人の美的感覚に一番マッチした体色と言えるかもしれません。 また、赤と白の体色の更紗模様のうち、赤い鱗の一枚一枚に白い縁がついた鱗をもつ柄のことを「鹿の子更紗(かのこさらさ)」、または「小豆更紗(あずきさらさ)」といいます。

・キャリコ柄
キャリコ柄が品種としての特徴である江戸錦

キャリコ柄が品種としての特徴である江戸錦

赤と黒、そして浅葱(あさぎ:ブルー系)の三色を併せ持つ雑色をキャリコ柄と言います。三色出目金、キャリコ琉金、東錦、江戸錦がこれにあたります。一般的に「キャリコ」といえば、「キャリコ琉金」のことを指しますが、他の品種に関してもキャリコ模様を持つ金魚を「キャリコ+品種名」で呼びます(キャリコ土佐錦など)。ただし、キャリコ柄を持つオランダ獅子頭は「東錦」、キャリコ柄を持つらんちゅうは「江戸錦」、キャリコ柄を持つ出目金は「三色出目金」と呼びます。

・その他:黒色、青色、茶色、黄色、白色、アルビノ
金魚すくいでもお馴染みの黒い出目金

金魚すくいでもお馴染みの黒い出目金

他にも真っ黒の出目金、濃紺に輝く青文魚、渋い茶色を有する茶金、選別されやすいので流通ルートに乗りにくいですが、全身が真っ白の金魚、赤を薄くした黄色の金魚、アルビノ(メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体)など様々な色が見られます。


>>金魚の鱗(うろこ)の種類について