結婚式に向けて行う、審美歯科でのブライダルホワイトニング治療。最近は雑誌などにも取り上げられ、結婚前のエステと同じ感覚でホワイトニング治療を行う方が増えています。治療を行うにあたって、賢いクリニック選びとホワイトニング治療のポイントをご紹介します。

日本人の歯は黄色い!?

そもそも一般的な日本人の歯の色は、やや黄色みがかっています。普段はあまり気が付かないかもしれませんが、純白のドレスなど真白いものと合わせると、相対的に黄ばんで見えてしまいます。

ホワイトニング前後の歯とドレスの色比較

ホワイトニング前後の歯とドレスの色比較

左の写真は、歯の色味を示すシェードガイドという色見本と、ウェディングドレスとの色味を比べたものです。日本人の平均的な色は、上のシェードガイドのA3.5程度です。ホワイトニングを行った後の色味や、純白のドレスの白さと比べて見て下さい。

以前大手の結婚情報誌が行ったリサーチでは、結婚式後に後悔したことNo.1は、「歯の色のケアをしなかったこと」だそうです。結婚式当日には、花嫁さんや花婿さんのお顔のアップ写真を多く撮ります。一生残る思い出の写真には、自信を持った笑顔で写ることが出来るよう、きちんとお口元と歯のケアをしておくと安心です。

ブライダルホワイトニング治療を始める時期

クリニックによって異なりますが、エステと同じような感覚で数か月前から始めるコースを組んでいるところが多いようです。最新のホワイトニング治療を導入してるクリニックでは、歯に熱を持たせない特殊なジェルのみで行うホワイトニング治療を行っているので、歯を休ませる期間が要らず、連日の治療が可能です。そうしたクリニックでは、数週間から数日で治療が完了するので、結婚式まで時間のない方にもおすすめです。特に結婚式の前は準備などで忙しくなりがちですので、予約の日程などの調整を行ってくれるクリニックだと安心です。

次のページでは、ホワイトニング治療のポイントやクリニック選びをご紹介します。