作り置きが美味しい主菜で、帰宅後安心の一汁三菜

チキンマスタードロール定食

冷蔵庫でしっかり冷やしたクールな料理も美味しくなるころ

主菜のチキンロールは作りたてよりも、作り置きの方が美味しくなる一品。朝のうちに作ったら、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしておけば、あとは切って出すだけ。暑くなってくるころ、冷たい料理も嬉しいです。

副菜は、材料も作り方もシンプルな二品。これに毎度おなじみのお湯を注ぐだけの即席スープをつけます。朝は10分、夕方は15分という無理のない段取りで一汁三菜の食卓が整います。

■レシピはこちら!
マスタードチキンロール
レンコンの味噌バター焼き
トマトとみょうがのやみつき胡麻サラダ
即席・ニラと豆腐のスープ

マスタードチキンロール定食の段取り

朝10分+夕方15分の支度で一汁三菜を用意できるように段取りを組み立てました。いくつもの料理を同時に進めていく必要はなく、一品ずつ仕上げていけるので、料理初心者でも作ることができるはずです。
マスタードチキンロール定食の段取り

マスタードチキンロール定食の段取り

朝は、主菜のマスタードチキンロールを作ります。冷蔵庫に入れておけば、2~3日は保存できますので、朝が忙しいという人は前日の夜や週末に作り置きしておくというのもおすすめ。

夕方は、副菜である二品と、スープを作ります。トマトとみょうがのやみつき胡麻サラダ→レンコンの味噌バター焼き→即席・ニラと豆腐のスープの順で、進めていきましょう。

次のページでは、マスタードチキンロール定食の献立と、かかった費用を紹介します