スクワットで下半身を効果的に引き締めましょう!

椅子を使ったスクワットに慣れた人は、今度は椅子なしでチャレンジしてみましょう。今度は椅子がないので、意識して深く腰掛けるように動作してみて下さい。

さて、スクワットでどの部位に効果があるかというと、大腿筋(太腿前側)と大臀筋(お尻)、そして体幹(脚の付け根から肩までのいわゆる胴体部分)です。この大きな筋肉を刺激し鍛えることで、代謝率が上り「痩せやすい体」へと近づきます。ガイドの感想としては、太腿の引締め効果が一番感じやすいと思います。ぜひ、正しいフォームでゆっくりと動作して効果を感じてみて下さい。


動作1

動作1

1.つま先が左右平行になるように意識し、肩幅位に開きましょう。腰を引き入れ、腰が反ったり丸まったりしないように意識しましょう。両手を肩の高さに伸ばします。

 
動作2

動作2

2.ゆっくりと膝を曲げます。この時脚の付け根を踵の方に押し出すイメージで動作してみましょう。

 
動作3

動作3

3.そのままゆっくりと膝を深く曲げます。この時尾てい骨を下に向けるように意識し、腰が反らないように注意しましょう。

 
動作4

動作4

4.太腿の裏が床と平行になるように、膝が前に出過ぎないように膝を深く曲げ、腰を下ろします。ゆっくりと元の位置に戻り、そのまま動作を10回~15回を目安に動作しましょう。

 
次のページは、ヒップアップに効果的なスクワットの紹介です。