日本が誇るマンガは子育てにも有効

 

子どもはマンガから大きな影響を受けます

マンガは子どもに悪い影響を与えるので、子どもには見せたくないという親御さんもいらっしゃるようですが、多くの良い影響も与えます。

マンガは、良しにつけ悪しきにつけ、子どもに与える影響は大きく、趣味や部活、大学の進路、さらには、職業観にも大きな影響を与え、生き方の指南になることさえあります。ここで改めて、日本が誇るマンガの魅力について考えてみたいと思います。

子どもがマンガを読むことのメリット

■人の心の機微が理解できる人間になれる
様々な登場人物の、それぞれの立場からの心の動きが描かれているので、色々な人の立場が理解できるようになります。そして、他人の気持ちを思いやれる優しい人になれることへとつながります。

■ 様々な情報を入手できる
話し言葉では使われないような言葉や言い回しを習得することができます。また、例えば、宇宙開発、医学、野球など様々な世界に入っていくことができ、様々な社会の仕組みを理解することができます。

■ 想像力を高める
マンガには絵があるので、想像力は育たないと思われがちですが、そんなことはありません。背景や人物のちょっとした動きや表情などから、その絵の表す意味を読み取らなければなりません。逆に、文章だと、文字にして、はっきりと書かれなければなりませんが、マンガなら、わかる人にだけわかるという、細やかな表現がなされ、それを理解する力が身に付きます。

■活字離れを食い止め、読書への入り口となる
文章から想像するのが苦手な子どもでも絵を伴うことで読みやすくなり、物語を理解する方法を習得することができます。

■ コミュニケーションが深まる

男女問わず友達同士でマンガについて語り合え、友達になるきっかけになることもあります。また、親子間でも共通の話題とすることで、コミュニケーションも深まります。

■歴史などの勉強に役立つ
歴史漫画で歴史の勉強をするというのはよく聞く話ですが、特に、「三国志」で、その時代の中国の歴史や、「ベルサイユのばら」でフランス革命ころのフランスの歴史など、ある部分にフォーカスした歴史の勉強というのも楽しいものです。

>>ジダンや中田も大きな影響を受けたマンガと言えば、やはり……