大人の語彙数

あなたは、英語を話す時十分な語彙を持っていると感じますか? それとも、「知らない単語だらけ!」と感じているでしょうか?

日本人の大人の日本語の語彙数は、諸説ありますが、およそ5万語あると言われています。これに対して、英語を母国語としている大人の英語の語彙数も、同じく5万語と言われています。

ここで、みなさんの持っている日本語の語彙数について考えてみましょう。この日本語の「5万語」、みなさんは20年、30年、40年、50年かけて培ってきたものではないでしょうか? これを、英語でも同じ数だけ持とうと思うと、相当な労力がいるとは思いませんか?

高校英語の語彙数

ちなみに、高校まで英語を授業でしっかり勉強してきた場合の、英語の語彙数というのは、約2000語と言われています。5万語には、及びもつかない印象ですよね……。

しかし、これに対して、英語を母国語とする5歳児について考えてみます。
解説画像

5歳児はコミュニケーション上手


5歳児、結構ペラペラです。先生とも意志の疎通が取れます。お友達も喧嘩だってできちゃいます。お家の人とも、しっかりコミュニケーションをとっていて……そんな彼らの持つ、英語の語彙数は一体何語くらいでしょうか?

実は、しっかりコミュニケーションを取っているように見える彼らの語彙数は、700~1000語ほどというふうに言われているのです。

これは、日本の中学校で習う語彙数とほぼ同じ。日本の高校生の約半分です。

そう。実は、中学校レベルの英語力があれば、もう英語は話せてしまうのです!

「大人語」を捨てる

ポイントは、「大人的」な日本語を、「大人的」な英語に変換しようとしないこと。

大人語を捨てて……子供語に変換します。

大人語と、子供語の違いを日本語で説明してみると、例えば、「参加する」よりは、「行く」と表現した方がシンプルな子供の言葉ですよね。「購入する」というのが大人語ならば、「買う」が子供語、という感じです。

では、英語の文章を考える時も大人語を捨てて子供語に変換してみましょう。