腸内に常に便がたまっている状態では、腸内の環境がどんどん悪化して体に良くないガス発生して体内に充満し、代謝が低下します。せっかく良い栄養素を摂取しても、腸内環境が悪い=体内環境が悪ければ、栄養バランスが良いとは言えず、その結果太りやすい体を作ることになります。本格的にダイエットに取り組む前に、まずは便秘を解消して体内環境を整える事から始めてみましょう!


朝起きたらコップ1杯の水を

ダイエット,AllAbout ダイエット,AllAbout 阿部エリナ,便秘undefined改善,便秘undefinedダイエット

便秘解消に起きぬけすぐの水1杯ならすぐに実践できちゃう!

水分を体に送り込むことで、睡眠中に活動を休んでいる腸を活発に動かし排便を促します。腸に刺激を与えるには冷たい水が適切ですが、牛乳も効果があります。

牛乳に含まれる乳糖という糖質が便を軟らかくする効果があるので、排便がスムーズになります。ただし下痢や便秘を繰り返すタイプの人は、腸に刺激を与えると返って下痢が悪化してしまうこともあるので牛乳は避けて、ぬるい水やお湯を飲むようにしましょう。

また水分は起きぬけだけではなく、日常的に摂取することも大事です。特に、便がウサギのフンのようにコロコロしているタイプは水分不足が関係しています。

食べ物の栄養素は小腸で吸収され、残りは大腸に送られて水分が吸収されそのカスが便となって排出されますが、水分の摂取量が不足していると、この時に便が固くなりすぎて排便が困難になります。

便秘解消の基本は、朝1杯の水分と1日1~1.5リットルの水分摂取。特に、ホルモンの働きでいつもより多く水分が便から吸収されて便秘になりやすい生理前は多めに摂取すると良いでしょう。


≫ガスが発生する食材もいいの?!