中国のお金事情!使われている通貨・貨幣は?

中国のお金事情!通貨の種類とレート

元単位はデザインが同じなので金額をよく確認しよう

中国の通貨「人民元硬貨の種類」

裏には国章や花がデザインされる

<目次>
中国で流通している通貨は中国大陸の人民元(RMB)香港ドル(HK$)マカオパタカ(MOP)の3種類あります。

これは香港とマカオがイギリス、ポルトガルからそれぞれ返還されながらも、「一国二制度」という統治方式を採用しているため、中国大陸、香港、マカオでそれぞれ通貨が存在するというわけです。

マカオはパタカ以外、香港ドル(10ドル硬貨以外)も利用可能ですが、中国大陸で使用できるのは人民元のみ、香港では香港ドルのみとなっています。両替は3つの通貨同士も、日本との両替も可能です。

ここでは人民元(RMB)についてご案内していきます。マカオ通貨については「マカオの通貨(パタカ・MOP)」を、香港通貨については「香港基本情報」をどうぞ。
 

中国の通貨・人民元(RMB)とは?

第4版人民元

第4版人民元は2018年5月に流通停止。2019年4月には新紙幣との交換も終了となった

 
中国の通貨「新100元札」金色文字

現在流通している第5版ニュータイプの100元札。2015年12月より、第5版旧タイプのものと並行して使われている

中国の通貨は「元(ユエン)」、英語では「RMB」と表記します。元以下の単位は「角(ジャオ)」と「分(フェン)」があり、1元=10角=100分。こ れは正式な通貨単位ですが、口語では元を「●(クァイ)、角を「毛(マオ)」と呼びます(※)。

2018年現在流通している通貨は1999年に発行が開始された第5版で、 硬貨は1、2、5分、1、5角、1元の6種、紙幣は1、5角、1、5、10、20、50、100元の8種。これに加え2015年11月、右の写真のように中央の「100」の文字が金色の2015年版の100元札が加わりました。

1元以上の紙幣は、毛沢東の同じデザインで統一 されていますが、歴史上の人物や少数民族がデザインされた旧紙幣も、稀ですが流通しています。

※1元……1●銭(イー・クァイ・チェン)、10元5角……10●5毛銭(シィー・クァイ・ウー・マオ・チェン)、106元3角……106●3毛銭(イーバイリンリュゥ・クァイ・サン・マオ・チェン)というふうになります。

●……土偏+快の右側
 

人民元のレート

2010年7月から、中国の為替レートは「通貨バスケット制」を参考にした「管理変動相場制」に移行。簡潔にご説明すると、中国政府が人民元と米ドルのレートの変動幅を決めて、日本円は円―米ドルの変動に並行して変動していく、というものです。さらに詳しい説明は「人民元の特徴、為替情報」をどうぞ!

人民元はここ10年、一貫して上昇傾向でした。2005年では100米ドル約800元だったレートが、2008年には約700元、2013年は600元強と急上昇。それが、2015年8月11日に人民元の切り下げがなされ、4年ぶりの安値を記録しました。

日本円はドルとのレートで上下するので、円高が続いた2012年秋ぐらいまでは1万円=800元強だったのですが、円安傾向にある2019年11月現在、1万円=640元前後となっています。人民元を使う際の考え方としては、1元が15円強、10元が約156円、100元が約1560円と置き換えれば、わかりやすいと思います。

中国の通貨についてはここまでです。あわせて「中国の両替」、「中国人民元の偽札の見分け方」、「中国のクレジットカード事情」をどうぞ! お役立ち情報満載です!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。