中国の偽札事情

中国の偽札100元札

上が正規の札、下が偽札。ちょっと見ただけでは見分けられない

中国人民元の偽札

偽札のメインは100元と50元。20元以下の偽札は非常にまれ

日本では偽札が出回るとけっこう大きなニュースとして取り上げられますが、中国では残念ながら偽札が頻繁に出回っているので、一度に大量に出回ったり、偽札工場が摘発されるなど以外は、特に報道されることもありません。偽札と本物の紙幣はもちろん違いがあるのですが、中国の紙幣は本物であっても新旧で色の違いがけっこうあるので、見分けるのはかなり難しい……。初心者でもわかりやすい、偽札の見分け方をご紹介します。

 

偽札の見分け方

中国人民元の偽札「50元札」

左下の“50”の文字にカラーシフティングされており、斜めにすると色が変化

中国人民元の偽札

正規の札は正面から見ると薄茶色、斜めから見ると黒に変化する

偽札の一番スピーディな見分け方は紙質の違いです。正規の札は微かにざらつきがあり、手で揉むと“カサカサッ”という澄んだ音がします。一方の偽札は表面がツルツルしていて、揉んでもふにゃふにゃするだけ。ただ、手触りで見分けるのは、人民元に慣れ親しんでいない初心者にはかなり高いハードル……。

その点、50元札と100元札の左下にある“50”と“100”の数字で見分けるのは比較的簡単。この部分は、正規の札の場合、傾けると色が変化するのがカラーシフティングですが、偽札の多くは色が変わりません。明るい店内などであれば、この方法が有効です。しかし実際は、地元中国人であっても偽札をつかまされることがよくあるので、本物かどうかを見分けるよりも、偽札をつかまされる状況を避けるほうが懸命です。

 

偽札を“つかまされない”ポイント

中国人民元の偽札

100元札の偽札は横から見ても緑のまま

中国人民元の偽札

100元の“100”の字は正面から見た時は緑色に見える

偽札をつかまされないようにするポイントは下記の通りです。
  • 正規の両替場所以外での両替は避けましょう。
  • 中には20元、10元といった小額紙幣の偽札もありますが、一番多く出回っているのは100元札と50元札。なので、50元札をおつりでもらわないために、両替の時に100元札を50元札にしてもらうよう頼んでみましょう。もちろん、現金ストックの関係などで断られることもあります。
  • 最近、100元札を渡すと「これ、破れているからほかのに変えて」「これ偽札だよ」といって正規の札を偽札とすり替える手口が横行しています。タクシーや市場の買い物でこういったケースが起こりやすいので、小額紙幣を用意しておくのがベスト。100元札はデパートなど正規ショップで使用するのが懸命です。

  •  
中国人民元の偽札

正規の100札は横から見ると暗い緑に変化する

ちなみに偽札の使用は中国においても重犯罪です。一般的には財布を確認されることなどありませんが、偽札だと知りながら使用したり、所持していたりすると行政処罰(15日間以下の拘留と1万元以下の罰金)が科される場合もあるので要注意です。更に、大量の偽札の偽造・所持・使用には刑罰が科せられ、偽造の最高刑は死刑・財産没収、所持・使用の最高刑は10年以上の有期懲役・財産没収と、かなり厳しい内容になっています。

中国人民元の偽札の見分け方についてはここまでです。併せて「中国の両替」、「中国の通貨」、「中国のクレジットカード事情」をどうぞ! お役立ち情報満載です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。