1.食べる時にはなるべく多く噛む

日本より歯へ美意識が高い欧米では、ガムを噛んでいる人が多いと言われています。もちろん、国民性もあると思いますが、彼らはガムを噛むことはお口にとって良いことを知っているからなのです。ガムを口に入れて噛むことで、唾液腺が刺激され多くの唾液が出てきます。また、あごの筋肉を動かすことで、お顔の引き締め効果があって一石二鳥ですね。


2.水分をたくさん摂る

大人の平均の1日唾液分泌量は1.5リットルと言われています。飲みものだけではなく、食べ物にも水分は含まれているので、それらの摂取なども踏まえ1.5リットルの水を飲むと良いでしょう。お茶などは口臭を予防する効果があるとされていますが、利尿作用が多く含まれているので多量摂取は禁物ですよ。


3.湿度に気を付ける

お水が大切

お水が大切

部屋が乾燥していると鼻が乾き、詰まることで口呼吸になってしまいます。口呼吸は口の中を乾燥させ、口臭の原因にもつながります。冬場はヒーターなどを使用するため室内が乾燥するので、特に注意が必要ですよ。





4.口の中を清潔にする

丁寧な歯磨きを。

丁寧な歯磨きを。

正しい歯磨きをすることで、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促進されますよ。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つが刺激されることでパロチンも出て、サラサラの唾液がでますよ。