引っ込み思案の子には「ビクビクのイベント」

感じ方はその子それぞれ、涙のワケを分かってあげよう

感じ方はその子それぞれ、涙のワケを分かってあげよう


新学年がはじまって3週間。新幼稚園生のママにとって、我が子が新しい環境に踏み込んでいく姿は、嬉しくもあり、ドキドキでもあり、不安でもあり……。日々、一喜一憂しながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。

この時期のママが抱えやすいのが、「登園時、ママとの別れ際に号泣してしまうんです……。」という悩み。

「周りの子がスッと教室に入っていくのに、うちの子は泣いてしまう」そんな状況に、ママも落ち込んでしまいがちですが、新しい環境にスッと入っていけるかどうかは、その子の生まれ持った性分が大きく関わっています。
  • 新しい環境が好きな子にとっては「ワクワクのイベント」
  • 引っ込み思案の子にとっては「ビクビクのイベント」
「入園」という同じ出来事が全く正反対に感じられるのです。引っ込み思案の子は「教室に入っていきたくても入っていけない」のですね。その気持ちをしっかり受け止め、それをカバーする工夫をママの方でしてあげましょう。

ここでは、子育て心理学から見たママができるおすすめアプローチをご紹介します。まず、以前、私が実際に見た事例をお読みになってください。(フランス在住のため、フランスの現地幼稚園での出来事です)

■ケーススタディ:Cちゃんの場合
ある朝、子どもを幼稚園まで、送りに行ったときのこと。同じクラスのCちゃんが、ママとの別れ際に泣いていました。おとなしいけれど、静々と自分の世界を持っている女の子なのですが、少し前から、朝の見送り時に号泣する日々が続いていました。ママが別れ際に、色々な言葉で勇気づけしていたり、時に、「しっかりしなさい!」と声を荒げていることもありました。これは、新学期に起こったことではなく、学期途中に起こった変化。

それまで普通に通っていたCちゃんの突然の変わりように、ママはどう対処すべきか、色々模索しているようでした。あれこれやってみたけれど効果がない、そんな折、朝の見送り時に、ママだけでなく、パパもCちゃんの妹も一緒に来るようになりました。家族総出で、Cちゃんを見送りです。その後間もなく、Cちゃんの号泣はなくなり、朝からスムーズに通えるようになりました。

一見、家族総出で見送りに行ったら、余計、行きたくなくなるのでは? と思うかもしれません。短期的に見れば、そういうリアクションも考えられます。「パパもママも妹も一緒にいるのに、どうして私だけ?」と。ただ、長期的に見ると、このアプローチは正解なのです。

>>それはなぜなのでしょう? 次ページで見ていきましょう。