子育て ガイド 佐藤 めぐみ

さとう めぐみ

0~10歳の育児に役立つ子育て心理学を発信する公認心理師

育児相談室・ポジカフェ主宰 & ポジ育ラボ 代表|英・レスター大学大学院修士号(MSc)取得。オランダ心理学会認定心理士。ママ向けの学びの場「ポジ育ラボ」と相談の場「ポジカフェ」を運営。2020年11月、コロナ禍の育児ストレスを懸念し、ママが自分の心のケアを学べる「ポジ育クラブ」をスタート。現在、会員募集中です!

得意分野

・子育て心理学を活用した育児ストレス解消法&子育てアドバイス
・しつけの心理学
・心理学的に効果のある叱り方
・言うことを聞かないときの対処法
・子どもを伸ばすほめ方&やる気アップ

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

こんにちは。子育てガイドの佐藤めぐみです。

私は現在、専門である心理学を活かし、育児相談室「ポジカフェ」での心理カウンセリング、ポジティブ育児研究所でのママ向け心理学講座、メディア(テレビ・雑誌など)や企業への執筆などを通じ、子育て心理学でママをサポートする活動をしています。

私には大切にしている2つの軸があります。

1. 子育て心理学の知識
心理学先進国のアメリカ、イギリスでは、心理学を子育てに活用するのはもはや常識。数々のメソッドが編み出されています。私が講座やカウンセリングでお伝えしている「ポジティブ育児メソッド」は、アメリカの大学、イギリスの大学院で心理学を学んだ知識を、日本人向けに分かりやすくアレンジしたものです。

2. ママが主役
多くの育児情報は、子どもをどう育てるかのノウハウが中心です。その結果、「いい子に育てたい!」とママは頑張り過ぎてしまう傾向に。一方で、揺れ動くママのココロを労わるための情報は多くはありません。「母親なのだから我慢しなさい」という空気が漂っています。そんな「ママにやさしくない」日本の育児事情には、子育てノウハウ以上に、ママのストレス対策が必要、そう私は考えています。ママが輝くと子どもも輝く、ママがイライラしない子育てが子どもにとって何よりの栄養だからです。

オールアバウトでも、ママのイライラ、ストレスをポジティブに転換させる心理テクニックをお伝えしていきたいと思いますので、ご期待ください!

メディア掲載実績

雑誌CHANTO
これから復職するママが今しかできない 10のこと?子どもが落ち着く魔法の言葉を覚えておく?
2018年01月06日
雑誌CHANTO
働く私たちの悩み 100 ぜ~んぶ解決して!! ?育児の悩み?
2015年08月07日
雑誌女性セブン
特集「比べる子育て」~フランスの育児について解説~
2014年11月06日
雑誌I LOVE mama
特集「こんな叱り方はNG!ちびコのお叱り方マニュアル」~監修~
2013年11月17日

ガイドの新着記事

  • 高学歴なのに生きづらさを抱える人が、幼少期の競争社会で心のバランスを崩したわけ

    高学歴なのに生きづらさを抱える人が、幼少期の競争社会で心のバランスを崩したわけ

    「有名大学を出ているのに、自信がもてない」「高学歴だけど、人との関わりが苦手」、このような生きづらさを抱えている人は、子ども時代に競争社会の中で心のバランスを崩してしまった可能性が考えられます。「学校の成績がすべて」「受験合格がすべて」と能力を追求し過ぎて子どもの心のバランスを欠くことにならぬよう、子育てにおいて大切なことを心理学的な観点で解説していきます。

    掲載日:2021年02月12日子育て
  • コロナ禍で煮詰まる育児、虐待予防で意識したいこと

    コロナ禍で煮詰まる育児、虐待予防で意識したいこと

    厚生労働省の発表による最新の虐待件数は過去最多になりましたが、コロナ禍に置かれた2020年度はさらに増加することが懸念されます。新型コロナウイルスの先行きがまだまだ見通せない中、家庭内での虐待を防ぐためにできることとは?

    掲載日:2021年01月18日子育て

ガイドの新着まとめ

ガイドの新着イチオシ

  • 白髪染めの悩みに!ドイツのオーガニックショップで見つけたヘナ

    白髪染めの悩みに!ドイツのオーガニックショップで見つけたヘナ

    髪へのダメージは気になるけれど、いったん染め出すとやめられない白髪染め。ドイツ在住の佐藤さんが現地のオーガニックショップで出会ったのが、カーディのヘナカラー。多様な髪色に合うヨーロッパらしい色展開と、自然由来のナチュラルさが融合している点がほかにはない魅力なのだとか!

    掲載日:2019年08月26日ヘアカラー
  • 賞味期限も見逃さない?アラフォーママに遠近両用コンタクト

    賞味期限も見逃さない?アラフォーママに遠近両用コンタクト

    40歳を過ぎると気になりはじめるのが老眼です。「老眼鏡をつけたり外したりするのが億劫」「周りに老眼だと悟られたくない」「遠近両用のメガネは、ゆがんでイヤ」など煩わしさを感じている人は多いものです。子育てガイドの佐藤さんが自身の子育て中で感じた目の悩みを解消してくれた、「メダリスト マルチフォーカルコンタクト」を紹介してくれます。

    掲載日:2019年06月28日子育て

All About NEWS 新着記事