体幹をコントロールして足腰を使う『スイミング・スクワット』


産後3ヵ月。ベビー優先の生活で、カラダの左右バランスを整える時間がとれずにいた方も、気持ちに余裕が出来、アンバランスな状態に気付くことが多い時期です。『スイミング・スクワット』で体幹をコントロールして使い、カラダの左右バランスにも意識を向けながら、立位の姿勢を整えていきましょう。


お尻は後ろへと押し下げていきます。

お尻は後ろへと押し下げていきます。

1. 立位姿勢で体の軸をまっすぐに整え、脚を坐骨幅(お尻の骨の幅)くらいに開けておきます。おへそをカラダの中にしまっておくイメージで、お腹を少し薄くし、手は脚の楽な位置に添えておきましょう。

息を吸って吐きながら、膝をゆっくり曲げ、お尻を後方へつき出すように下げましょう。(出来るだけ薄いおなかを保っておきます。)膝と膝の間の距離を変えずに、体幹を使い、安定よくお尻を下げられる高さで止まったら、息を吸って吐きながら元の立位姿勢へと戻ってきます。この膝の曲げ伸ばしを、3~6回ほど続けます。



バタ腕をつけても体幹を安定よく使いましょう。

バタ腕をつけても体幹を安定よく使いましょう。

2. 膝の曲げ伸ばしの動きに慣れたら、上体を安定させたまま手を脚から離し、肩の高さで前方に伸ばしておきます。手のひらは床の方へ向け、肘の関節や指の関節も全部伸ばした長い腕を作っておきましょう。

準備が出来たら 1の動きに、長い腕で小さくバタ腕(水泳のバタ足の時の腕の動き)の動きを加えます。手が脚から離れて小さく動いている時も、1と同じように体幹を使い、お腹を薄くしながら動いてみましょう。
3~6回ほど続けますが、バタ腕を付けて不安定に感じる時は、また1の動きに戻って行なってみましょう。



産後の生活はベビー中心になりますが、姿勢を正しく整えることや、自分のカラダを意識する時間を作ることは、元気を取り戻し姿勢も美しく保つサポートになります。短い時間でもエクササイズを習慣付け、ココロとカラダの健康に役立ててみてください。産後3ヵ月から出来るエクササイズで、ベビーのためにも「元気で美しいママ」を目指してはじめてみましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。