お手軽ハーブティーで良質な睡眠を!

1

ハーブのチカラでリラックス!

イライラした気持ちから解放されるためには、リラックスできることを見つけたり、気持ちが安らぐ空間を自ら演出してみることも大切。そこで、お手軽なハーブティーの効果をご紹介します。

西洋では医療でも使われているハーブ。サプリメントのような感覚で、状態や気分に合わせて選びましょう。睡眠の1~2時間前に飲むのがポイントです。

・カモミール 
リラックス効果で、落ち着いた気持ちでいい眠りにつくことができます。消化を促進し、身体をあたためる効果もあるので、冷え性の方にもオススメ。

・ラベンダー
緊張をほぐし、精神を穏やかにしてくれる、最も有名なハーブのひとつ。眠気を促す効果もあるので、目が冴えて眠れない夜や、早起きしなければならない夜にもオススメです。

・ペパーミント
歓迎会など、お酒を飲む機会も多いこの時期。夕食を食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしたときに効果的なハーブティーです。胃腸の働きを促進し、消化を促してくれます。

・クランベリー
クランベリーには、目の疲れを取ってくれる作用があります。一日パソコン作業で眼精疲労を感じた時や、就寝前に、パソコンや携帯画面を見たときにもオススメ。

・リンデン
別名、ナイトティーとも呼ばれています。何となく気分が落ち着かなかったり、色々考え過ぎてしまった時、不安があって眠れない夜などにも効果的です。

・バレリアン
ヨーロッパでは医療用のハーブとしても有名です。不眠の解消の他、鎮静効果、ストレス緩和などの効果があるので、就寝前に飲むことで、安眠へ導いてくれます。


新年度はまだ始まったばかり。毎日を元気に楽しく過ごす手段として、サプリメントを是非うまく活用してみてくださいね。

また、季節の変わり目で体調不良が起こり易いことも、気分が落ち込む原因になることも。プチ不調は長引かせないように、きちんと栄養・休息をとり、体と心をケアしてあげましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。