美尻の作り方とは……お尻が垂れる座り方をしていませんか?

美尻・桃尻の作り方3つのポイント 

垂れるお尻には理由があります。ぷりんとあがった桃尻を作りましょう。

女性を象徴するボディのパーツで意外と人に見られているのがお尻。

お尻は自分からは見えないだけに油断してシルエットが崩れがち。オフィスや学校などで1日の大半を座って過ごす人は必見。あなたの何気ない座り方が垂れ尻を作ってるかも? チェックをしてみましょう。

・イスに浅く腰掛けて背もたれに背中を付けて座っている
・脚を組んだり、脚を前に投げ出すように座っている

こういった姿勢はあなたのお尻を垂れ尻にするだけでなく腰痛や身体の不調の原因に。座り方だけでなく、5センチ以上のヒールのシューズを履いて歩いていると自然に膝が曲がった歩き方のクセを作ります。また片足に重心をかけるクセがある方。これらのクセにより骨盤が歪む可能性があります。歪みにより骨盤が横に広がり、お尻が大きくなることも。では、なぜお尻が垂れてしまうのでしょうか。
   

お尻が垂れるワケ

座る時間が長い人は要注意。

座る時間が長い人は要注意。

座って過ごす時間が長い人だけでなく、運動不足や加齢によっても筋肉量は減っていきます。筋肉量が減ることでお尻の脂肪の重さに筋肉が耐えられなくなり下にかかる重力に負けて垂れてしまうのです。日常生活でお尻の筋肉を使う機会は少ないので何もしないでいるとあなたが知らない間に垂れ尻に……。
 

下着でもお尻が垂れる?

女性の身体はとても柔らかいので下着によっても身体の形は変わります。毎日身に着けている下着も重要です。自分のボディサイズに合っていないサイズ、例えば小さい下着は肌を締め付け血流を悪くし、大きい下着はお尻と下着にすき間ができてお尻をサポートできず垂れてしまう原因になってしまいます。ガードルやショーツはサイズを計測してサイズを選びましょう。

 

美尻の作り方

キュッとした桃尻はパンツスタイルもタイトスカートもかっこよく決まります。ぷりんと上がった桃尻を作るためのABCをお教えします。ヒップアップしてお尻に自信をもって素敵な服を着ましょう。

A. お風呂で自分の後姿をチェック
自分は見えないけれど人からはとても見られているのがお尻。気づかないうちに垂れているお尻。まずは現状を知ることが大事です。できるだけ毎日自分のお尻を見て意識を高めましょう。

B. 大股で歩く
ウォーキングの時間を特別にとる必要はありません。通勤や通学の歩きをヒップアップに繋げるためには裏ももを伸ばすようにして大股で歩きましょう。かかとから着地をする必要があるので5センチ以上のヒールの靴は控えると効果的。

C. ぷりんとした桃尻を作るエクササイズ
ボリュームのないぺったんこのお尻や脂肪で垂れているお尻は、筋肉をつけることがぷりんとした桃尻への近道。お尻は一番エクササイズで変わりやすいパーツです。お尻のカーブを作る中でん筋を鍛えて、弾力&適度なボリュームのある女性らしいヒップになりましょう。
 
工程

あごの下にクッションをしいてもよいでしょう。

1. 床にうつぶせに寝ます。 ひじを曲げて、両手はあごの下に、両脚はできるだけ開き、脚の甲が床につくようにして伸ばしましょう。
 
工程2

勢いをつけないようにしましょう。

2. 左脚の付け根から、ゆっくりと上に持ち上げて限界まで持ち上げたら30秒キープ。脚を上げたときに、腰に痛みを感じる場合は、脚の上げすぎです。できる範囲で結構です。
 
工程3

持ち上げたら30秒キープします

3. 1の姿勢に戻してから逆も同様に行いましょう。脚を持ち上げるときに、ひざが曲がらないように気をつけましょう。30秒×左右2セット
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。