朝に圧力鍋で仕込めば、夜はラクラク。あったか汁かけご飯

牛スジ肉のクッパ定食

夜遅くなったときにも、さらっと食べられる

仕事などで夜遅くなったときには、しっかり一汁三菜よりも、さらっと食べられるご飯ものが嬉しい。そこで今回は、韓国風の汁かけご飯・クッパと、あっという間に作れる小鉢3品のレシピを紹介します。

朝の調理時間は30分が目安ですが、圧力鍋で牛スジ肉を柔らかく煮込むのにかかる時間なので、実際の作業は15分以内。圧力鍋で煮込むところまで進めたら、あとは朝食を食べたり、身支度をしている間にコトコト煮込み、時間がきたら火を止めれば、あとは放ったらかしでOK。夜の調理時間は15分なので、合計30分でご飯が完成です。

春が近づいているとはいえ、まだまだ肌寒い日が続きます。お腹に優しい汁かけご飯で身体も心もほっと温めましょう。

■レシピはこちら!
牛スジ肉のクッパ
もやしのナムル
タコとキュウリのピリ辛酢の物
ワカメの香味炒め

牛スジ肉のクッパ定食の段取り

牛スジ肉のクッパ定食の段取り

牛スジ肉のクッパ定食の段取り

朝30分+夕15分の支度で一汁三菜を用意できるように段取りを組み立てました。

朝のうちに牛スジ肉を煮込んでおきます。野菜を切ったり、茹でたりしておくと、夜は煮込んだり、和えたりするだけでいいので、スムーズ。野菜を切って置いておくと、傷みやすかったり、栄養価が落ちたりする心配がありますが、その日のうちに使い切るなら、そこまで気にする必要はないでしょう。

夕方はクッパの野菜を煮込み、その間に小鉢3品を仕上げ、盛り付けます。慌てなくても無理なく15分以内に仕上がる手順なので、忙しいときや疲れているときにもおすすめのメニューです。

次のページでは、牛スジ肉のクッパ定食の献立と、かかった費用を紹介します