アルゼンチンで人気の氷河観光地

 

 

アルゼンチンのパタゴニアには、いくつもの巨大な氷河が存在しますが、中でも一番よく知られていて観光客が絶えないのが、「ペリト・モレノ氷河」です。拠点となる町、エル・カラファテから車で1.5時間、途中の雄大な風景を楽しんでいる間に、まずは遊覧船乗り場へ到着します。

まずは船から氷河鑑賞

ここでは、湖を船で進み、氷河に近づくというアトラクションを楽しみます。少しずつ青白い氷河が近づいてくるその迫力は、なんとも言えないもの。空がどれだけ晴れていても、巨大な氷河から吹く風はとても冷たく、帽子や手袋、マフラーで完全防備しなければとても辛い目に遭いますのでご用心!

遊歩道で巡る雄大な氷河

 

 

続いてまた少し車で移動し、今度は氷河の周りに設置された遊歩道を歩きます。この遊歩道がとてもよく整備されていて、非常に歩きやすいのです。すぐそこに迫る氷河を前に右にと眺めながら、自分のベストポジションを探して写真を撮ったりして楽しみます。さっき船から見たのは、氷河を目線の高さから眺めたという感じ。今度は、上から氷河を見下ろす感じです。

ここから見る氷河は、全長約35キロ、高さ約60メートル、先端部の幅が5キロ…という大迫力が実感できます。

晴れた日には崩落も

 

 

と、時折、ゴゴーッと氷河から轟音が聞こえることが。これは、氷河の端っこが溶けて、湖に崩落する音なのです。この氷河は動きが活発なのが特徴だそうで、こんなふうに崩落がひんぱんに起こって溶けては、また再氷結するんだそう。何万年もかけて実を結んだ氷たちの終末を見届けるなんて… なんともロマンチックじゃありませんか。人々をひきつける自然美のパワーを、これでもか!と見せつけられる…そんな気がします。

駆け足の一泊二日でも

パタゴニアは遠くて時間的にあきらめざるを得ない…という方も、カラファテからのペリトモレノ観光は比較的容易に参加できます。首都ブエノスアイレスからカラファテへのフライトは意外と多いのです。もしアルゼンチンで1泊2日とれるなら、超駆け足ではありますが、ペリトモレノ観光を検討する価値は大いにあります。

■ペリト・モレノ氷河(ロス・グラシアレス公園内)
住所:Parque Nacional Los Glaciares, El Calafate, Argentina
電話番号:54-(02902) 491-005
アクセス:ブエノス・アイレスから国内線で約3時間30分(ロス・グラシアレス公園の玄関口エル・カラファテまで)

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。