春野菜のゆで方をマスターして作るごちそうサラダ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

3つの春野菜が見事にまとまるごちそうサラダ

若草色の春野菜は、実に柔らかくて繊細。ちょっと長くゆでただけで、ふにゃふにゃになって、風味と食感が損なわれてしまいます。そこで、春キャベツ、スナップえんどう、菜の花のおいしさを引き出すゆで方を紹介しましょう!

ポイントは3つ。「大きな鍋にたっぷりの湯を沸かすことで、野菜を入れたときのお湯の温度を低下させないこと」、「塩を入れて、発色をよくさせること」、「冷水にとって、余熱で野菜に余計な火を入れさせないこと」。ゆでた野菜をきれいに盛り付けるだけでできる、ごちそうサラダもご紹介。サラダにするときは、野菜の水気をしっかりと取ることも重要なので忘れずに! アクセントにオリーブ、生ハム、クルトン、プチトマトをプラス。味付けはシンプルに、塩・ブラックペッパー・オリーブオイル・レモン汁で。素材の味が活きる、春野菜のサラダに仕上がります。


春野菜のごちそうサラダの材料(2人分

春野菜のごちそうサラダ
春キャベツ 葉2-3枚
スナップえんどう 8-10個
菜の花 1/2束
ミニトマト 4-6個
オリーブ 4-6個
モッツァレラチーズ 1/4個
生ハム 4-6枚
クルトン 10個
ドレッシング
オリーブオイル 大さじ1
レモン汁 大さじ1
適宜
ブラックペッパー 適宜
ゆでた野菜を冷やす用に、大きめのボウルにたっぷりの氷水を用意してください。

春野菜のごちそうサラダの作り方・手順

春野菜のごちそうサラダ

1:春キャベツをゆでる

春キャベツをゆでる
春キャベツの葉を1枚ずつはがし、手で芯を取り除き、食べやすい大きさにちぎります。

大きい鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩小さじ1を入れてキャベツを30秒ゆでます。ゆでたら菜箸か網で取り出し、素早く氷入りの冷水に入れ、取り出し、水気をしっかり拭きます。

2:スナップえんどうをゆでる

スナップえんどうをゆでる
スナップえんどうのすじを取り除きます。へたの逆側を折り取り、引っ張って、筋を取ります。同様にへた側を折り取り、筋を取ります。(この順番の方が上手に取れます。)

キャベツをゆでた鍋を再度沸騰させ、スナップえんどうを入れて、1-1分半ゆでます。菜箸か網で取り出したら素早く冷水に入れ、取り出し、水気をしっかり拭きます。
途中でゆで具合を味見しても◎。

3:菜の花をゆでる

菜の花をゆでる
スナップえんどうをゆでた鍋を再度沸騰させ、菜の花を茎のほうから入れて30秒-1分ゆでます。 菜箸か網で取り出したら素早く冷水に入れ、取り出します。

清潔な布巾などで包みながら、優しく水気を絞ったら、3cm幅に切ります。 菜の花はすぐに火が通るので要注意。

4:トッピングの準備

トッピングの準備
プチトマトを半分に切り、チーズは薄切りに、オリーブは輪切りにします。

5:ドレッシングをかける

ドレッシングをかける
皿に春キャベツを敷き、その上にスナップえんどう、菜の花、プチトマト、オリーブ、生ハム、チーズ、クルトンを並べます。

食べる直前に、オリーブオイル、レモン汁、塩、ブラックペッパーをかけて、いただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

春キャベツと菜の花は特に火が通りやすいので、サッとゆでるくらいでも十分おいしいです。鍋から出した野菜は熱を持っているので、大きめのボウルに氷水を用意して、しっかりと冷やして、余熱で柔らかくならないようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。