三つ編み紅茶ブレッド

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

三つ編み紅茶ブレッド

生地に茶葉を混ぜ込むだけでなく、仕込み水も紅茶にして、紅茶ずくしのパンに仕上げました。とてもフワフワで紅茶の香りが漂う、最高のお菓子パンです。トッピングのあられ糖が甘さを引き立ててくれますよ。

紅茶ブレッドの材料(1個分

三つ編み紅茶ブレッドの材料
強力粉 250g
ドライイースト 2.5g
砂糖 35g
3g
スキムミルク 10g
無塩バター 20g
紅茶の茶葉 6g 
紅茶 170g (濃いめに煮出した紅茶)
製菓用に売られている茶葉は細かくなっているので、香りや味が出やすく、口当たりも良いです。お持ちの茶葉を使う場合は、すり鉢とすりこぎなどで細かく砕いて使うと良いでしょう。

紅茶ブレッドの作り方・手順

生地を作る

1:生地をこねる~発酵終了

生地をこねる~発酵終了
茶葉は粉と一緒に混ぜ込んでおき、濃いめに煮出した紅茶を仕込み水にして、「基本の丸パン」の工程を参考に、生地の1次発酵までを終える。

分割・丸め

2:分割をする

分割をする
発酵完了した生地を計量し、3個に分割します。
その際、スケッパーで生地をいためないように気をつけましょう。

3:生地を折る

生地を折る
生地を二つに折り、綴じ目を隠すようにもう一度手前から二つ折りにします。これを数回繰り返し、表面をきれいに整えていきます。

4:丸める

丸める
閉じ目を下にしてそのまま手前に優しく引き、「引き丸め」をします。90度向きを変え同じようにし、更にこれを2~3回繰り返して生地を丸めていきます。

ベンチタイム

5:生地を休ませる

生地を休ませる
大き目のタッパなどに布を敷き、丸めた生地を置いて15~20分程度休ませます。乾燥しないように気をつけましょう。

成型

6:生地を伸ばす

生地を伸ばす
生地に両手を当てて、上下に転がしながら左右に伸ばしていきましょう。



7:生地を伸ばす

生地を伸ばす
約40センチくらいに伸ばします。

8:編み込む

編み込む
3つの端を止めて、三つ編みをします。端はそれぞれ内側に折り込みましょう。

仕上発酵

9:仕上発酵をする

仕上発酵をする
発酵では型ごとビニール袋に入れたり、フワッとラップをかけたりして乾燥を防ぎましょう。35度で30分を目安に行います。


10:トッピングをする

トッピングをする
発酵が完了したら、照りをつけるための卵を塗り、あられ糖を振りかけます。あられ糖がない場合はグラニュー糖でも大丈夫です。

焼成

11:焼成をする

焼成をする
170~180度に余熱をしたオーブンで23~25分焼成します。 焼きあがったら素早くオーブンから出します。網などの上で冷ませば、三つ編み紅茶ブレッドのでき上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

あられ糖がなければ、グラニュー糖でもOKです。勿論何もつけなくても生地が甘いので美味しく頂けます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。