食べる人とシチュエーションを想像して!

チョコレートケーキは焼けたけれど、どうやって贈ったらいい?上手な贈り方は食べる方、食べるシチュエーションを想像するのがポイントです。レースペーパーを用いた簡単ラッピング術をご紹介します。
レースペーパーでラッピング

レースペーパーでラッピング

【簡単レシピ】混ぜるだけの板チョコケーキ

【簡単レシピ】混ぜるだけの板チョコケーキ

このチョコレートケーキの作り方は【簡単レシピ】混ぜるだけの板チョコケーキで紹介しています。

【簡単レシピ】混ぜるだけの板チョコケーキ


 

食べやすく、焼き上がりも確認できる!

贈った先できちんと切り分けくれるなら、ホールのまま(切り分けもせず)豪華に贈るのがいいでしょう。が、ちゃんと焼けているかな……なんて心配になりませんか。そんなときにおすすめなのが、ホールをカットして贈る方法です。

これならいただいた方もすぐに食べられ、学校や職場に持っていっても手間なく配ることができます。レースペーパーを使えば、テクいらずでかわいいラッピングができますよ!

 

レースペーパーで包むだけ

レースペーパーでケーキを包む

レースペーパーでケーキを包む

用意をするのは18cm直径のケーキに対して、15~18cmのレースペーパーを切り分ける数だけ(写真では8等分です)。ケーキを8等分に切り分け、レースペーパーにのせます。両サイドをそわせるようにしてレースペーパーを立て、先端をつまんでステープラー(ホチキス)でとめます。元のホール状に戻せば、レースで華やかに。

ホールで贈るならば、そのまま箱詰めに。レースペーパーが緩衝材の役目もはたし、サイズがぴったりの箱でなくとも(手持ちの空き箱でも)意外と大丈夫です。

ホールを箱詰めに

ホールを箱詰めに

少ない数で贈るならば、四角い箱に互い違いに入れればOK! レースペーパーのおかげでシンプルなケーキもちょっぴり豪華に見えることでしょう。
少ない量も箱詰めに

少ない量も箱詰めに

包む際にも一工夫を

ラッピングをしてプレゼント

ラッピングをしてプレゼント

自分で包むと何度もやり直して、包装紙がぐしゃぐしゃになってしまう……なんてことも。それをぜひ逆手にとってください。洋服を包んでいるような薄葉紙や和紙、オーブンシートなどを手でくしゃくしゃにします。それからキャラメル包みの要領で包みます。包装紙がくしゃくしゃなので、やりなおしても大丈夫! これも味になります。残ったレースペーパーを包装紙の上にのせて(ここにメッセージを書いてもいいですね)、リボンをかけます。この時、蝶結びにしてもいいですか、きれいに結ぶ自信のない方はぐるっとまわしたリボンを両面テープでとめるだけに。シンプルな分、レースペーパーの甘さがシックに感じられますよ。

バレンタインやホワイトデー、ちょっとした贈り物も手作りのお菓子とともに、ラッピングも気軽に楽しんでみてくださいね。

板チョコケーキの簡単フードコーディネート

板チョコケーキの簡単フードコーディネート

なお、板チョコケーキをおうちで楽しむための簡単フードコーディネートも紹介しています。参考になりましたら。

【簡単コーディネート】混ぜるだけの板チョコケーキ

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。